アニメに出てきそうな等身大の「鹿ベース」

頭から花を咲かすこの鹿のスカルプチャーを初めて目にしたとき、私はてっきりテーブルに置けるサイズだと勘違いしていました。

だって、無理ないでしょ?まさか、と思いますもん。

どんだけデカいんスか!?

48117312514949125548963998466048

ワタシの想像なんか遥かに超えるサイズ。ほぼほぼ等身大じゃないですか(汗)

533678241349632056204417501757445498754220163072

なぜ?何のために?はさておき、等身大サイズの鹿、の「花瓶」だそうです。しかも花が活けられるのは角の部分のみという。もう、こういうの好きな人にだけ刺さればいいって、そういう感覚で見てもらいたいんです。

49036537521766405055935139545088

生み出したのは「この世は幸せと、おもしろいもので溢れている」をコンセプトに暮らしまわりの装飾をデザインする台湾のデザインチーム「haoshi」。日々の悩みまでちっぽけに思えてくるような、このバカバカしさこそ幸せの源。

もっと笑顔に溢れる生活。等身大の「鹿」はいかがでしょう。って、置き場所に困るわ!

Licensed material used with permission by haoshi design, Twitter, Instagram
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
風船に支柱を入れてそこに水を張って……。
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
新潟県燕市に広がるのどかな田園風景。その中に、美容室に併設したカフェ「ツバメコーヒー」はあります。今回はこのお店が作った「カフェオレベース」をご紹介。味は...
「窓に貼るフラワーベース」というコンセプトの「+d Kaki(カキ)」は、宙に浮いた状態で花を生けることができる不思議な花瓶。今までは「置く」ことしかでき...
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
自分の背丈ほどもある6弦ベース(一般的にベースは4弦)を自在に奏でる少年。大人のミュージシャンたちの中に入っても、まったく引けを取らない洗練されたアレンジ...
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
ユニークで可愛いお尻型の花瓶。つるつるバージョンや毛深いバージョンなどもあり、見る人をくすっと笑わせてくれます。思わず視線を留めてしまうインパクト大なデザ...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
ふたつとして同じものはない、その偶然性こそが「人間らしさ」。
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...