もしも、好きな人が相乗りしてきたら…ライドシェアで起きた本当の話

見ず知らずの人たちと同じ目的地、同じ方角に向かい、お得に相乗りできるライドシェア「UberPool」。移動手段のオプションとして、世界各地で相乗りサービスの活用の幅は広がりつつあります。

まあ普通に考えれば、誰が横に乗ってくるかは分からない。コミュニケーション下手な人からすれば、話しかけることも億劫かもしれませんが…。でも、こんな幸運にうろたえる、なんてこともあるみたいですよ。

これは、ある学生のライドシェア中に起きた実話を元してつくられたCM動画です。

思わず感情移入しちゃう
恋愛ドラマのような本当のハナシ

目的地へと急ぐ主人公の学生。ところが、相乗りをしてきた“お相手”をチラ見した瞬間、息が止まりました。生つばごっくん。なぜなら、長年想いをよせてきた大学の同級生だったから。

ヤバいって……UberPoolであの子が相乗りしてきた♡
なんていい匂いだぁ!ああ、もう今すぐハグしたい。

Twitterで、ドキドキの自分をつぶやきまくる彼。しまいには、急いでいたはずなのにドライバーに自分が降りるのが後で構わない、とまで伝える始末。

「アプリでルートをフォローしているから、お客さんが先ですよ」と、無情にもドライバーから告げられてしまいました。

今日に限って渋滞もしないとか。も〜う、なんなんだよぉ……!

こんなとき、なんて声をかけたらいいんだ?誰か、ヘルプ!

・あ、たしか同じクラスだよね?
・いつも遠くから見てたよ
・それとも、寝たふりして肩にもたれかかる?

ところが、料金を払って車を降りようとした瞬間、ポンッと肩に同乗者の手が。

キターーーァ!

隣に座っていたの男子学生。車道から降りては危ないからと、自分がいったん外に出て降りようと申し出ました。

結局、自分からコンタクトをとることはできずじまいだったこの青年。それでも、降車の際のちょっとしたコミュニケーションから、何かが生まれる可能性はゼロではない、ってことなのでしょう。

動画の最後には、こんなメッセージも。

「ときに移動手段を超えて、それ以上のなにかを運ぶ。それがUberPoolです」

これひと昔前だったら、当たり前のように男女カップルの設定だったはず。フィリピンのトゥルーストーリーということもあるでしょうが、“LGBTをラブコメの題材にした”という色眼鏡ではなく、ごく普通に登場する点も興味深い。ま、オチとしての登場ではあるんですけどね。

Licensed material used with permission by © 2017 Uber Technologies Inc.
知らない人同士が一台の車に乗り合わせる。世界の国々を旅すれば、こうした「乗合タクシー」は、電車やバスと同じように当たり前の交通手段。日本にもあるにはある。...
もうタクシーは単なる移動手段じゃないんです!例えば、アプリでタクシーを呼べるアプリ「Uber」はすでに45カ国で展開されているサービスですが、今「エンタメ...
タクシーサービスを運営している「三和交通」が、クラウドファンディングサイト『Makuake』にて資金調達をしている、オモシロいプロジェクトの紹介です。
「Inc Magazine」や「Quora」など、海外メディアでトップライターとして活躍しているニコラス・コールは、ある男性に出会ったことがきっかけで、文...
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
あるひとりの「タクシードライバー」が来たおかげで、この町の住人の生活は大きく変わりました。一体どんなことが起きたのか。そして、彼が休まずに働き続ける意外な...
中国の配車アプリ『滴滴出行』。普通のタクシー、時間帯によってお得な白タク、ミネラルォーターのサービスもあるプレミアムな黒タク、さらには大型車など車種までも...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
「とにかく、どこかに行きたい」。そんな思いを持ち続け、留学を決意した。少しでもコストを抑えよう、と選んだのがフィリピン。不安を抱えたまま始まった、フィリピ...
今や、東南アジアの移動手段で主流になっているのは『Grab』という、マレーシア人の起業家が開発した、ライドシェアサービスのアプリ。存在自体は知っていたけれ...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
少子化中のフィリピンがドゥテルテ大統領下で100の国公立高校・大学を無償化すると発表。日本でも近年高等教育の無償化の是非が議論されているが、いわゆる「富裕...
popIn Aladdinは「YouTube」や「AbemaTV」の映像を自室の壁に映し出すプロジェクター。細かい設定や操作は必要ありません。天井に設置す...
ある警察官がとった賢明な判断により、一命を取りとめた小犬がいます。交通量の多い道路で、走る車から傷付いた犬を守ったばかりか、 その後誰も予想できない行動に...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
人はなぜ、間違えて記憶してしまうことがあるのでしょうか。例えば、デートの時に相手がかぶっていた帽子の色が思い出せなかったり、交通事故の証言が人それぞれ食い...
突然ですが、みなさんは親孝行をしているでしょうか?経営コンサルタントの小宮一慶さん曰く「タクシー運転手さんには、親孝行な方が多い」ということで、彼らと話を...