飛行中のドローンに140万ボルトの雷を落としたら…意外な結果が待っていた。

「もし飛行中のドローンに雷が落ちたら」

これは現実的にあり得るケース。考えるまでもなく、落雷のパワーの前にさしものドローンも……というオチを予想しますよね。それを、わざわざ大学の研究機関を使って実験したという。

バカバカしくも、意外な結末に最後まで見てしまいました(笑)。

ドローンの運命はいかに?

登場するドローンは世界シェアNo.1のDJI社製「Phantom 3」。プロフェッショナルモデルとなれば、精密なホバリングでスムーズな動画撮影が人気のモデルです。もちろん、決して安いものではありません。

対して迎え撃つのは、イギリスのマンチェスター大学の高電圧実験室が有する「人工雷発生装置」。なんでも最大で200万ボルトの雷を発生させることができる、国内最大級の装置だそう。

圧倒的不利に思えるこの状況を、ドローンは回避できるか!

※結果を知りたくない人は、動画でどうぞ

結果は…
「引き分け」!?

ドッカーン!施設内に雷鳴が轟いたその刹那、ドローンは地に落ちました。

まあ、そうだよな。

調査員がチャレンジを讃えるように敗者を回収、機体を調べたところ、なんとバッテリーが反応するじゃありませんか!

140万ボルトの衝撃派に翼こそもがれたドローンでしたが、その鼓動はまだ止まってはいなかったのです。が、再び飛ばそうとコントローラーを動かしたところ、プロペラは回転せず。

つまり、電子回路は壊れてしまったもののバッテリーは問題なし、というのが実験で得た結果に。「金属製のバッテリーのケースが導体となり、本体は守られたのだろう」と研究者。

ちなみにこの実験には続きがあって、簡易的な避雷針をつけて、雷を落とした実験も。ごく一部とは思いますがドローンユーザーのみなさん。どちらにしても落雷には気をつけて。

Licensed material used with permission by Tom Scott
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たと...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...