飛行中のドローンに140万ボルトの雷を落としたら…意外な結果が待っていた。

「もし飛行中のドローンに雷が落ちたら」

これは現実的にあり得るケース。考えるまでもなく、落雷のパワーの前にさしものドローンも……というオチを予想しますよね。それを、わざわざ大学の研究機関を使って実験したという。

バカバカしくも、意外な結末に最後まで見てしまいました(笑)。

ドローンの運命はいかに?

登場するドローンは世界シェアNo.1のDJI社製「Phantom 3」。プロフェッショナルモデルとなれば、精密なホバリングでスムーズな動画撮影が人気のモデルです。もちろん、決して安いものではありません。

対して迎え撃つのは、イギリスのマンチェスター大学の高電圧実験室が有する「人工雷発生装置」。なんでも最大で200万ボルトの雷を発生させることができる、国内最大級の装置だそう。

圧倒的不利に思えるこの状況を、ドローンは回避できるか!

※結果を知りたくない人は、動画でどうぞ

結果は…
「引き分け」!?

ドッカーン!施設内に雷鳴が轟いたその刹那、ドローンは地に落ちました。

まあ、そうだよな。

調査員がチャレンジを讃えるように敗者を回収、機体を調べたところ、なんとバッテリーが反応するじゃありませんか!

140万ボルトの衝撃派に翼こそもがれたドローンでしたが、その鼓動はまだ止まってはいなかったのです。が、再び飛ばそうとコントローラーを動かしたところ、プロペラは回転せず。

つまり、電子回路は壊れてしまったもののバッテリーは問題なし、というのが実験で得た結果に。「金属製のバッテリーのケースが導体となり、本体は守られたのだろう」と研究者。

ちなみにこの実験には続きがあって、簡易的な避雷針をつけて、雷を落とした実験も。ごく一部とは思いますがドローンユーザーのみなさん。どちらにしても落雷には気をつけて。

Licensed material used with permission by Tom Scott
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
世界で初めて正式な撮影許可を取って、アボリジニの聖地「カタ・ジュタ」をドローンで空撮した貴重な映像です。
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...