重さわずか17グラムの「セルフィー専用ドローン」。

すべては進化するものだけど、まさかこんなことになるとはね。自撮り棒の登場に目を剥いていたあの頃が懐かしい。

フォトジェニックに取り憑かれた現代人に贈りたい新たな相棒。それがコレだ。

時代は既に
「自撮りドローン」

とうとう自撮り専用ドローンが開発されてしまったのだ。その名も「SKEYE Nano 2 FPV」。幅4cm、重さわずか17グラム。手のひらにすっぽり収まってしまうこの感じ。でもプチサイズなのは本体だけじゃない。

通常11,299円のこの商品、なんと今なら7,875円まで値下げをされているようなのだ。自撮りのためだけにドローンを飛ばすって時点で十分おもしろいんだけど、カメラ付きのドローンがこんな価格で買えることにまずビックリ。

よく考えたら、普通に便利…

こうしてみると、もはやラジコンにしか見えない。

これは世界で最も小さい、カメラ付きのドローン。

そして世界初の、手頃な価格の「セルフィードローン」なのだ!

と製作者も自信満々。うん。すごいのはわかる。これで友達にカメラマンを頼まなくても、自撮り感のないお洒落なアイコンや大人数の集合写真も楽々撮れるもんね。しかも手元のスマホとリンクして、操作しながら常に写り具合を確認できるわけだし。

でも、でもだよ?「これ、自撮り以外にもっと有効活用したら?」なんて質問は野暮だろうか?

気になる人は値下げしているうちに、ここでチェック。

Licensed material used with permission by TRNDlabs
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集める...
フォトグラファーやビデオグラファーとして活躍するDan Watsonさんは、3人の子どもたちと一緒にビーチで遊んでた。そこでドローンを使って撮影すると……。
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
「Netflix」が製作を手掛けたHIP-HOPオーディション番組「リズム+フロー」。去年10月に配信が始まって社会派作品としても注目を集めた本作のシーズ...
千葉県船橋市の西図書館にて、ドローンによる無人の蔵書点検が行われた。
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
「ANAホールディングス」と五島市は「自律制御システム研究所」「NTTドコモ」などと協力し、長崎県五島市における有人島間のドローンを用いた物流網の構築を目...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
ハワイ島と言えば大自然。そこには海も山も火山もあり、一度は訪れてみたいと願う人は多いのではないか。特に、止まることなく流れる溶岩。Erez Maromさん...
「立って仕事がしたい」「角度が合わなくて肩が凝る」「モニターの高さも微調整したい」そんな”PC作業あるある”を全て叶えてくれるソリューションアイテムが登場!
MEGBABYがセレクトするトータルビューティーショップ「MEGOOD BEAUTY」から新商品「CICA HAND CLEAN GEL(シカ ハンド ク...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
茨城県高萩市で国内初のドローンサッカー大会が開かれる。ドローンサッカーはeスポーツ同様、老若男女問わずバリアフリーで楽しむことができるもの。ドローンを主軸...
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...