世界初、血管を泳ぎ薬物を運ぶ「ナノフィッシュ」が開発された。

カリフォルニア大学は、血管の中を泳ぐように進み、薬剤を投与できる魚型の機体を開発した。体内に注入する医療用ナノマシーンの話題を耳にしたことがあるかもしれない。これがその最適な形なのだそうだ。

血管を詰まらせちゃったりしないの?なんて疑問が浮かぶ。動作が「New Scientist」で紹介されていたのでさっそく見てみよう。

魚の尾ひれみたいに、
ピクピク動いて進む。

芋虫型とも言える動き。見ると幾つかのパーツが連結しているのがわかる。金とニッケルでできたパーツを、銀のヒンジが繋げている。磁力で操作するもので、球体型よりも効率的だと考えられている。

ナノフィッシュの各パーツは、0.0008ミリほど。開発・調査に携わっているJinxing Li氏はこうコメント。

「わたしたちは、これによって薬剤を体内の適切な部位に運搬できると考えています。手術などをせずに、処置ができるかもしれません」。

10年以内に、
実現の可能性アリ?

Li氏は、動物実験を成功させたあとの2015年4月に撮影された動画で、この技術が10年以内に実現するだろうと話していた。同様の研究はいくつか知られている。

たとえば2015年2月、ボストンにある「Brigham and Women's Hospital」の研究者Dr.Omid Farokhzadも「マイクロスコピック・ドローン」のマウスによる実験を成功させていた。

当時、撮影用のドローンが注目され始めた頃だったこともあり、ドローンが体内を駆け巡るというニュースは関心を集めた。「The Telegrapgh」によれば、その際に動物実験で使われた機体のサイズは、およそ0.00008ミリほど。ナノフィッシュの10分の1とずいぶん小さい。

心臓病の原因となっているプラーク(脂肪、コレステロール、カルシウムが固まったもの)を除去するよう設計され、動脈内の疾患部分へ到着すると、炎症治療のための薬を放出。5週間ほどでプラークをほとんど取り除いた。

 使用後の機体は、
体内で分解できるように改良。

Efacd907eab5912727bdbe7328eeb4e400fc03a9

「マイクロスコピック・ドローン」はプラスチックに近い物質だった。「ナノフィッシュ」は金属でできている。どちらも問題は治療後にどうなるのかだ。Li氏はこの課題について、生分解性の素材で機体を作ることで解決しようとしている。

つまり、ナノマシーンが体内を駆け巡り、治療後に分解され姿を消すようになるのかもしれない。フィッシュやドローンと言うと体の中でかさばるようなイメージがある。「操作できる薬」と捉えたほうが感覚的には正しいのだろうか。

Licensed material used with permission by UNSW Newsroom
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。救援物資を遠隔地や危険地帯に届...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...