世界初、血管を泳ぎ薬物を運ぶ「ナノフィッシュ」が開発された。

カリフォルニア大学は、血管の中を泳ぐように進み、薬剤を投与できる魚型の機体を開発した。体内に注入する医療用ナノマシーンの話題を耳にしたことがあるかもしれない。これがその最適な形なのだそうだ。

血管を詰まらせちゃったりしないの?なんて疑問が浮かぶ。動作が「New Scientist」で紹介されていたのでさっそく見てみよう。

魚の尾ひれみたいに、
ピクピク動いて進む。

芋虫型とも言える動き。見ると幾つかのパーツが連結しているのがわかる。金とニッケルでできたパーツを、銀のヒンジが繋げている。磁力で操作するもので、球体型よりも効率的だと考えられている。

ナノフィッシュの各パーツは、0.0008ミリほど。開発・調査に携わっているJinxing Li氏はこうコメント。

「わたしたちは、これによって薬剤を体内の適切な部位に運搬できると考えています。手術などをせずに、処置ができるかもしれません」。

10年以内に、
実現の可能性アリ?

Li氏は、動物実験を成功させたあとの2015年4月に撮影された動画で、この技術が10年以内に実現するだろうと話していた。同様の研究はいくつか知られている。

たとえば2015年2月、ボストンにある「Brigham and Women's Hospital」の研究者Dr.Omid Farokhzadも「マイクロスコピック・ドローン」のマウスによる実験を成功させていた。

当時、撮影用のドローンが注目され始めた頃だったこともあり、ドローンが体内を駆け巡るというニュースは関心を集めた。「The Telegrapgh」によれば、その際に動物実験で使われた機体のサイズは、およそ0.00008ミリほど。ナノフィッシュの10分の1とずいぶん小さい。

心臓病の原因となっているプラーク(脂肪、コレステロール、カルシウムが固まったもの)を除去するよう設計され、動脈内の疾患部分へ到着すると、炎症治療のための薬を放出。5週間ほどでプラークをほとんど取り除いた。

 使用後の機体は、
体内で分解できるように改良。

Efacd907eab5912727bdbe7328eeb4e400fc03a9

「マイクロスコピック・ドローン」はプラスチックに近い物質だった。「ナノフィッシュ」は金属でできている。どちらも問題は治療後にどうなるのかだ。Li氏はこの課題について、生分解性の素材で機体を作ることで解決しようとしている。

つまり、ナノマシーンが体内を駆け巡り、治療後に分解され姿を消すようになるのかもしれない。フィッシュやドローンと言うと体の中でかさばるようなイメージがある。「操作できる薬」と捉えたほうが感覚的には正しいのだろうか。

Licensed material used with permission by UNSW Newsroom
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
世界で初めて正式な撮影許可を取って、アボリジニの聖地「カタ・ジュタ」をドローンで空撮した貴重な映像です。
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。救援物資を遠隔地や危険地帯に届...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。