森を救うのは、人間ではなく「ドローン」だった。

温暖化や水害の原因にもなる森林の減少。それを緩和するために行われる植林は、今までとても地道な作業だった。

何百年もかけてできた森を刈り取ってしまったわけだから、それをまた人の手で作るとなると難しいってことは想像がつくはず。やみくもに植えればいいってもんじゃないし、植える前やその後の調査も必須。

でも、なんとそれをすべてやってくれる「植林ドローン」が誕生したそう。

文句なしの高性能
人の手は、ほぼいらない

まずはドローンが、上空から撮影した資料をもとに植林するエリアを決定。

その範囲をマッピングして、地形や土壌のタイプ、湿分、存在する生物多様性や障害物について分析。ルートと植える植物を決める。

特定のエリアにも異なる種類の木が混ざって存在したほうが良いのだけど、シードポッドを数種類内蔵していることで、それも考慮してくれているのも嬉しいポイント。加えて1ヘクタール(約6,000畳)をわずか18分でカバーしてくれる作業の速さ。

私の部屋は6畳だから、約1,000倍の広さをこの時間でってことか…。ここまで書いたこと、すべて人の手でやっていたら?と考えると、ドローンを使うことでどれだけ効率が上がるかわかる気がする。

シードポッドも発芽しやすい特別設計で、ひとつのドローンには約300個入るそう。

植林後はドローンが区域をモニタリングして、植生の変化を記録。成功したルートや成功確率、集めた地域についてなどの情報は独自のアルゴリズムで解析され、今後の植林に役立てられる。これを区画ごとに区切って繰り返すことで、大規模な植林もラクラクってわけ。

まるで「ウォーリー」
新たな森の番人に?

人間の不始末を片付けてくれるロボットというと、なんとなくピクサー&ディズニーによるロボット映画『ウォーリー』を思い出してしまう。これからも様々なロボット開発によってはるかに作業の効率・効果が上がる場面が増えてくるだろうけど、特に環境問題の面では自分たちでも行動に出よう、という意思も忘れずにいたいなぁ、なんて。

このドローン、興味のある人はこちらからコンタクトを。

Licensed material used with permission by BioCarbon Engineering
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
「森林伐採」をひとまとめにネガティヴなこととして考えるのはナンセンスかもしれない。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...
もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。救援物資を遠隔地や危険地帯に届...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
撮影用のドローンにも様々な種類がありますが、これは画期的! 現在米軍では、大きめのハチぐらいというミニサイズの撮影用ドローンがテストされています。2015...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...