キッチンに置き、七日間で食料を培養し収穫できる「セルポッド」。

この画像は、ベリーとベリーの細胞を培養したものだ。作物を育てるのではなく、植物の細胞を育てて食べものをつくる。そんなアイデアが注目されている。

フィンランドにある「VTT Technical Research Centre of Finland Ltd」で開発された、セルポッドと呼ばれる道具が実用化されれば、キッチンで、誰でも、簡単に、食べものを生み出せるようになる。

収穫までわずか一週間ほど。
栄養素もバッチリ!

Ac61d57b2b06560c46bd3bde384d0a30854e135c
Photo by VTT
6238fb1250a2979b7b78c0e2e37465b53e755587
Photo by VTT

細胞培養で作られているため、見た目はつぶつぶ。果実の中身そのものといった感じだ。タンパク質や食物繊維、抗酸化物質、ビタミンなどの栄養素もすべて作物と同様に含まれている。“タネ”さえあれば、ほかの植物も培養できる。いまのところ、ちょっと味が薄くできあがるみたいだ。

自宅で野菜を栽培できるキットはしばしば話題になるけど、これはもう一歩踏み込んだ技術といった印象。仕組み自体は昔からあるもので、収穫までの時間が劇的に短くなった。

未だ査読が済んでいない研究成果とは言え、ベジタリアンミート(植物性の肉もどき)と同様に、新しい食材として話題になる日はそう遠くないかもしれない。自宅で食料を培養するだなんて、すごい時代だなあとしみじみ思ってしまう技術である。

Licensed material used with permission by VTT’s CellPod
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ?!
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
キッチンを清潔に保つことはもちろん、食料棚も念入りにチェックしたほうがいいかもしれません。とても小さな虫があなたの棚に潜んでいる可能性があるのです。
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
〈GORDON MILLER(ゴードンミラー)〉のペーパータオルです。オートバックスが手がけるブランドだけあって、自動車や自転車などのメンテンスなど、いわ...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造す...
おしゃれなカフェに食べに行くのもいいけれど、ホットプレートを囲んでみんなでわいわい焼くのも楽しいパンケーキ。そこにこのキッチン家電「PancakeBot」...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間...