「透明ライト」が開発中なんだって。

『ハリー・ポッター』シリーズの透明マント、映画『ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち』の透明少年などなど、あらゆる創作に出てくる「透明になる」能力。でも魔法の道具も無ければ、不思議なチカラもない僕らにとっちゃ、夢のまた夢。科学のチカラに頼るしかない。そう…逆に言えば、科学のチカラでならできるのだ!

ってことで、まるでウソみたいな話なんだけど、浴びたものが透明になっちゃうビームが発見されたんだそう。これを浴びて好きな子の部屋に忍び込むとか、ちょっと怪しい少年漫画とかで見たような見てないような、夢物語なんじゃないか?

「光の屈折」をビームで操る

F630b83cbefda30d2f819ecd74f0908f1abe3e60

オーストリアのウィーン工科大学が発表したところによると、なんでも物体に特殊なビームを照射し、ものの性質を変えることで、光の屈折を抑えて物体を通過させる技術を突き止めたそう。これによってあらゆるものを「見えなく」することが可能になる。僕らは普段、光が何かに当たってそれが反射したのを目にすることでものを見ているからだ。

光の波は物体に出入りすることができるが、一直線に通過することはありません。あらゆる方向に散らばるのが普通です。それを完全に通過させることでものを不可視化するのが我々のゴールでした。

ただ、ものを透明にするためには、物体の複雑で不規則な内部構造にぴったり一致したパターンを持つビームを照射する必要があるため、現在のところコンピュータシミュレーションでは成功してるものの、実現はこれからなんだとか。とはいえ、

おかしな話に聞こえるかもしれないけれど、我々がもつ特定の素材と特別な光波技術を用いれば実現可能です。

と、研究者は自信満々だ。

人体に使える日は来るの?

Ed4389c096924dea7f1f1972beaef9376f2429af

でも、僕を含め多くの人が小中高生時代に一回はハマったことがあるだろう、SFフィクションの技術を科学的に検証して面白おかしく現実を突きつけるベストヒットシリーズ『空想科学読本』で、柳田理科雄先生は言っていた。「人間が透明になると生きていられない」って。それに食べたものは透明にできないから、もしも体を透明にできても胃や腸の中は見えて気持ち悪いことになるって話もあったなぁ。

しかしながら、この光線の仕組みから考えると、そういうのもクリアしちゃうのかもしれない。だって光の屈折具合を調整することで見えなくするってことは、体を「本当に」透明にする必要がないんだから。

本当は色を持っていたって、相手にそれが「認識できない」だけなら話は別、なのか…?まぁこれはビームを当てても体に影響が出なければの話だから、実際に実験が進むうちにわかって来るのかも。

ってことは、もし人体や服にまとめて使用できるようになれば、透明人間あるあるの「服は透明にできないから、いちいち全裸になんなきゃいけない」って手間も無くなるのでは?何かの映画でセクシーなお姉さんが透明人間で、能力を発揮するたびに服を脱ぐとかいうシーンがあったけど、それももう古いってことになるのか…。

「透明」技術の競争と使い道

7244d9ff8a7a17d59b8eb330d413715807e8a5ca

そんな話はさておき、光の屈折をいじくって透明にするという発想自体は、実はそんなに目新しいものでもない。

実際、5年くらい前にカナダの企業が光学迷彩技術を使った「透明マント」を開発したと発表し、サイトでは実際にそれを使用した夢みたいな写真まで載せている(技術が明るみに出なかったぶん、本当なのかどうか一悶着あったみたいだけど)。

ちなみにこの会社は軍隊向けの製品を作っていて、この製品も軍事利用目的なんだそう。こんなマントで近寄られたら絶対に気づかないぶん、怖すぎる…。でもむしろ軍事やスパイ業でこそ光る技術でもあるんだろうし、ダイナマイトが当初の目的と違う利用法で広まったみたいに、ものを透明にする技術も思いもよらない形に利用されていく可能性もある。

あなたはもしも透明になれたら、またはいろんなものを透明にできたら、何に使う?

ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です...
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
今やサードウェーブも完全に凪(なぎ)のごとくおさまり、「コーヒーのある日常」だけがやんわりと、ごく当たり前に定着した感がある。そんな折、第4波とはまったく...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...