ハードディスクが液体に?!スプーン一杯分で、「1TBのデータ保存」が可能に?!

たったスプーン一杯で、250,000枚の写真(1000万画素で)が保存できるというのは、想像したら、スゴイ未来だ。

 

UKのWiredで紹介された次世代のハードディスクが近未来的であると話題になっている。ミシガン大学とニューヨーク大学の研究者チームがシミュレーション研究を行っている技術「湿式情報ストレージ」だという。

液体中に浮遊させたナノ粒子のクラスタ(塊)を利用し、中央の球の外側にその複数のナノ粒子をくっつけることによって機能する。

シミュレーション計算では、「12個のナノ粒子から成るクラスタを3%の濃度で含む溶液」。テーブルスプーン1杯分に、1TBのデータを保存することができたのだ。従来のハードウェアでいえば、これだけの量のデータを保存するには、スマートフォンぐらいのサイズの外付けハードディスクが必要だ。

wet-information-storage1

Photo by shutterstock.com

現時点では、クラスタの形の固定や簡単な読み出し方法などまだ完成していない部分もあり、実用化まではかかりそうではあるが、 技術の進歩から目が離せなさそうだ。

 

Reference:Liquid hard drive could store 1TB data in a tablespoon on Wired UK

 

サウサンプトン大学にある電子工学調査センター(ORC)が、新しくクリスタル製のデータストレージを開発しました。そのスペックが高すぎると話題になっています。...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。...
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
毎日、厳しい冷え込みが続く「冬」。でも「夏」はあんなに暑かったのだから、その熱が今あればいいのに…。誰もが一度は思うものです。四季があるのは素敵だけれど、...
ひざやおしりが破れたデニム・ジーンスに「あて布」をして補強していた日々が、もう終わりになるかもしれない。破れた箇所にたらすだけで、繊維が自己修復され元どお...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
あらゆるものを透明にできる光線をオーストリアのウィーン工科大学が開発し、コンピュータシミュレーションを成功させた。光線を当てたものの性質を変え、光を屈折さ...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、フランス...
デンマークの研究チームが、水中・空中の酸素を吸収し圧縮・保持できるクリスタルを開発しているようだ。これが実現すれば、ダイバーは酸素タンクを背負わなくてすむ...
シンガポールの国立大学、南洋理工大学(Nanyang Technological University :NTU)の研究でリチウムイオン2次電池(蓄電池)...
東京大学の研究グループが、表面温度の分布を測定する、薄くてしなやかなプラスチック製の温度センサーを開発した。人体に直接貼り付ける超薄型の温時計なんていうの...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
ピンときたのはSFファンだけでしょうか?これは結構衝撃的なニュースです!Googleが2012年に申請したある特許が、今年3月31日に受理されたようですが...
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。