汗をかけばかくほどいいニオイになる「香水」を、科学者が開発!

クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだそうで、体臭を緩和する効果もあるといいます。これは革命的な発明かも!

汗に含まれている嫌な臭いの元は「チオール化合物」という物質なのだそうですが、イオン液体と付着させることで分解し、臭いを消すことができるのだとか。

研究チームを率いるニマル・グナラトナ氏の話によれば、香水会社と実用化に向けて開発を進めている段階。これから蒸し暑くなっていく日本の夏に向けて、ぜひ手に入れておきたいアイテムですよね!

ちなみに…

嗅覚は、最も原始的な感覚器官とも表現されるもので、人間だけに限らず、とても大切なもの。しかも、他の感覚器官とは違って生まれたときには既に完成している部分でもあります。

食料を探したり、仲間の存在を判断するためには「ニオイ」が重要な役割を担ってきたものです。もちろん男女の関係にも大きく関係しているため、フレグランスを考えることは、生活を考えることに直結していると考えても大げさではないのだそうです。

香水以外にも、隋・唐の時代には身体から芳しい香りを出すために香料を丸薬にし内服する「芳気法」と呼ばれる美容術もあったそうで、媚薬として使われていたのだとか。その他にもお香を炊いて衣服に香りをしみ込ませるなど様々な方法がありました。

いつの時代も、自分の臭いってやっぱり気になるもの。今回開発された香水がどんな香りなのかはまだわかりませんが、汗ばんだだけよくなる匂いって、一体どんなものなのでしょうね?

Reference:NYDailyNews
家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
「セントピック」は、毎月新しい香水を提供するサブスクリプションサービス。好きな香水やライフスタイルなどのアンケートをもとに、ユーザーの好みに合ったものを届...
〈プラウドメン〉の「スーツリフレッシャーCMミニ」は、シトラス・ムスクの香り。爽やかな香水のように上品です。
〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられました。今後はアプリ開発も行われ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。
クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
ニオイを見える化できる超小型の「ニオイセンサー」が近い将来スマホやIoT機器に実用されるかもしれない。もしこのニオイセンサーがスマホに搭載されたとしたら、...
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
一見、普通のハンガーのように見えるが、本体には8つの吹出口があり、そこから微粒子イオンである「ナノイーX」が発生する仕組みらしい。これによって、衣類に付着...
汗を全身でかきながら熱した空間に座り続ける姿は、我慢比べをしているように見えてしまう。それでも、毎日のように通い詰める人たちからすると、天国のような場所ら...
すれ違ったときや側にいるときに、ふわっとイイ香りを漂わせたい。そう思って香水をつけても、汗で流れたりしてなかなか持続しないことがあります。でもこれなら、肌...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
あらゆるものを透明にできる光線をオーストリアのウィーン工科大学が開発し、コンピュータシミュレーションを成功させた。光線を当てたものの性質を変え、光を屈折さ...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...