たっぷり汗をかく!中国では「火鍋風呂」でリラックス

たっぷり汗をかく!
中国では「火鍋風呂」でリラックス

中国の杭州市に、なかなか趣のあるリラックス方法がありました。「火鍋風呂」です。

四角い浴槽の中を9つに区切り、その一つひとつにレタスやトウモロコシ、唐辛子などを入れて火鍋に見立てたもの。雑多な感じが火鍋っぽさを醸しています。他にも、りんご、バナナなど、普通なら火鍋に入れない果物もあって、なんでもアリな感じも楽しそう!入浴した人は、串焼きスタイルで提供されたお肉と野菜をパクリ。

これ、杭州市にあるホテル「First World Hotel」が、今年の春節のプロモーションのために用意。年に一度の大イベントの前に、健康的なライフスタイルを推進したかったんだとか。香辛料や生薬がたくさん入った火鍋をコンセプトにするなんて、ウィットに富んでいますね。

ちなみに鍋の中を9つに区切る食べ方は、火鍋の発祥地でもある重慶のソレの特長でもあります。一緒に入っている食材もついパクッと食べてしまいそう(!?)なほど、リアル感が追求されたこの火鍋風呂。熱く、辛い、火鍋の“HOT感”も十分に演出され、利用した人は、た〜くさん汗を流してスッキリとしてから春節を迎えたはず!

Top image: © 2019 TABI LABO
andmore
他の記事を見る
紹介するのは、シンガポールのレストラン「Spice World Hot Pot 香天下火锅」が提供しているタピオカ入りの火鍋です。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
すべては、極上のシメのため。コタキナバルの「蒸し鍋」について。
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
暖冬と言われるこの冬。ですが、それでもこの鍋がそろそろ恋しくなる頃ですよね。冬ごもりのホームパーティーに欠かせないのが、ピェンロー鍋。くたくたに煮えた白菜...
緑に覆われた建物が並ぶ、山中の景色。ここは中国は浙江省、舟山群島にある、後頭湾(ホウトウワン)村。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
どうやって?と思ってしまうような機能を持つ圧力鍋「SUR’POT」。料理をするのに、電気もガスも要りません。簡単にご飯を炊き上げることができるんです。
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...