中国が「ニセの月」打ち上げへ。その目的が想像の斜め上!

常識(……だと欧米諸国が思い込んでいること)を覆すプロジェクトを多く実行している中国。その柔軟な発想には、驚かされることがたくさんあります。やっぱり彼らは一歩も二歩も先を考えている印象。だって、SF映画のようなアイデアでさえも実現しようとしているんですから。

中国の英字新聞「China Daily」の記事によれば、同国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。もしもその運用に成功すれば、2022年までに追加で3つの“月”を地球から放つとのこと。スゴい!

このプロジェクトの目的は「電気代の削減」がメイン。だから、本物よりも“人工月”は太陽光を反射しやすく、8倍も明るく輝く予定なんだとか。街灯の代わりになるってことですね。

1つの都市だけで、年間約200億円(12億元)も節約できる計算。東京オリンピックが開催される頃までに、と考えるとワクワクしますね。

Top image: © kdshutterman/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。