海と山の幸のフュージョン「水餃子」

今から110年以上前の1903年、当時ドイツの租借地だった山東省に位置する青島でビール製造が始まりました。中国で最も古いビールのひとつ、ご存知「青島ビール」です。

海鮮料理は欠かせませんが、もうひとつ山東省といえば水餃子。海の幸、山の幸ともに豊富なこの土地ならではの水餃子を口にすれば、しばし「焼き」のことなんて泡沫のごとく記憶から消えてなくなる!

“海鮮”の上をいく
エビとセロリと〇〇の餃子

©bochkareva Elenaa/Shutterstock.com

さてその水餃子、もちもちした弾力ある手づくりの皮にも感涙ですが、それよりも驚かされるのは、むしろ餡のほう。
例えば、イカ(皮にはイカスミを加え真っ黒)、サワラ、牡蠣なんかは青島の海鮮餃子の代名詞。目の前の黄海で水揚げされた海の幸を包み込んだ餃子は、そうそう日本では味わえないご当地グルメです。

なかでも青天の霹靂がエビの水餃子。軽く中華包丁の腹で叩いているんでしょうね。すり身とまではいかない一歩手前、ここにニラでも白菜でもネギでもなく、合わせるのがセロリなんです。「虾芹菜水饺」だったかな?

あらかじめ用意しておいたタレ(醤油にニンニクと唐辛子)に、茹でたてをちょこんとつけて食べる。すると、まるで小籠包のように飛び出してくるわけですよ。熱々のスープが。わかっていても火傷しそうなレベルです。

セロリを必然に変える
豚の背脂の役割

そのスープ、いい意味で裏切られるのです。なぜなら“魚介してない”から。実際にはエビの風味はするのですが、そこに感じるフレーバーがもうひとつ。小籠包のように煮凍りにしてスープを餡に加えているというより、ダイレクトに入れた細切れの豚の背脂が熱で溶解し、エビやセロリの水分と相まって出てくる海と山のコンチェルト。

背脂はうま味を増幅するスープとして、弾力と歯ざわりはエビとセロリが担保する。本当によくできてる。三位一体となったこの水餃子、もう恍惚でしかありません!

最初こそ「餃子にセロリ?」と思うでしょうが、口にして納得。むしろシャキシャキの食感を活かすには、セロリでなければならなかった。青島を訪れたら、これだけは食べておかないと。人生の数パーセントは損したようなもん(笑)。

三位一体は再現できる!

©Kzenon/Shutterstock.com

ロースや三枚肉を買って、脂身だけ切り落としてもいいけれど、お肉屋さんによっては背脂を売ってくれるところも。100円もあれば十分な量が手に入るはず。

細かく刻んだ背脂を粗く叩いたエビのすり身、セロリ(みじん切り)と粘り気が出るくらい混ぜ合わせれば餡の完成。やってみて。

再現料理:虾芹菜水饺
再現食材:豚の背脂
再現度:★★★★☆

Top image: © iStock.com/Min Jing, 2018 TABI LABO
アジアの「ソウルフード」を食べ尽くせ!
日本でも水餃子は人気ですが、ポーランド人の餃子スタイルは、私たちの知るソレよりも、ビールが進んでしまいます。
全国の逸品餃子を月替りでお届けする月額サービス「お取り寄せ餃子 頒布会」が始動!餃子を愛する人にはたまらない特典も……。
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に関わるみなさまから、“レシ...
餃子といったら「焼き餃子」や「水餃子」、「揚げ餃子」なんて選択肢も。これら基本的にはしょう油ベースのタレをつけて食べるのが一般的。ですが東欧では、ひき肉を...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
お店で食べるパリパリの羽根つき餃子。自宅で挑戦しようと思ったけどベチャついてしまった、焦げてしまった……そんな経験ありませんか。羽根つき餃子と言えば片栗粉...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
餃子とクラフトビールを楽しめる中目黒からカルチャーを発信する餃子店Ohka the Bestdays〒1530043 東京都目黒区東山2-4-8http:...
国内外のアウトドアブランドが手がけるマスクをまとめて紹介します。今夏、待ってでも欲しいマスクは要チェック!
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
北アフリカ・チュニジアの代表的な料理に「ブリック」というものがあります。これは、好みの具材を小麦粉の皮で包み、パリパリに揚げた大きな揚げ餃子のようなもの。...
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
選りすぐりの3アイテムをご紹介。
空港での遺失物のなかで受取人の現れなかったものを格安で販売するアメリカで唯一のお店「Unclaimed Baggage Center」。アラバマ州に誕生し...
世界には“餃子ライク”な料理が結構あります。そのひとつ、アルゼンチンの「エンパナーダ」。100%の牛ひき肉に、トマトや干しぶどう、オリーブなどを入れてつく...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
薄く切った大根でお肉をはさんで焼くだけ。カンタン・ヘルシー・美味しいの三拍子が揃った「大根餃子」を紹介します!特徴は、ひと口しゃくっとかじると、じゅわあ〜...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
牧畜文化と小麦文化の交流の中で生まれたモンゴル家庭料理「ホーショール」について。
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...