全国の「逸品餃子」を月替わりでお届け!「お取り寄せ餃子 頒布会」

日本の焼き餃子文化を広める「焼き餃子協会」は、全国の逸品餃子を月替りで自宅にお届けする「お取り寄せ餃子 頒布会」「CAMPFIRE community」で開始した。

このプロジェクトは、全国でお取り寄せできる1500以上の餃子を厳選し、月替りで家庭にお届けするというもの。

普段触れることのない地方限定のものや、混雑や行列でなかなか食べることのできない名店の餃子が、自宅で簡単に楽しめるようになる、餃子好きにはこれ以上ない嬉しいサービス。

また、コミュニティに加入することで、逸品餃子の紹介や、LINEオープンチャット「焼き餃子会」にて焼き方の指導が受けられるなど、専門的で詳しい餃子の知識を得ることもできる。

餃子を愛する人にとってはメリットしかないサービスといえるだろう。

焼き餃子頒布会
©焼き餃子協会

『お取り寄せ餃子 頒布会』
【会費】会費 4,980円/月(送料含む)
【配送】お支払い月の翌月から。餃子のセレクトは配送の前月にお知らせ。
【会員コミュニティ特典】
会報メールにて、今月分と翌月分の「逸品餃子」紹介
オープンチャットコミュニティにて、焼き方のサポートあり

Top image: © 焼き餃子協会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
フードスタイリストのToshihiro Uekiさん。フォロワー数12万人を越えるUekiさんのInstagramで大人気なのが「餃子」。フツーのようでい...
宇都宮の協同組合「宇都宮餃子会」より、見た目が完全に餃子なマスク「宇都宮餃子マスク」が登場。抗菌性能をしっかり確保しつつ、ユーモアあふれるかわいいデザイン...
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
日本でも水餃子は人気ですが、ポーランド人の餃子スタイルは、私たちの知るソレよりも、ビールが進んでしまいます。
餃子といったら「焼き餃子」や「水餃子」、「揚げ餃子」なんて選択肢も。これら基本的にはしょう油ベースのタレをつけて食べるのが一般的。ですが東欧では、ひき肉を...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...