全身が磯まみれになる「青菜炒め」

食都・香港を歩いていると、仄暗い路地の奥からぷーんといい香りが漂ってくる。すると、まるで催眠術にでもかかったかのように無抵抗で足がそちらへと向いてしまう。ここで気後れしないこと。美食が集まるこの土地の醍醐味を肌で感じたければね。

こうしてたどり着いた飲食店(規模を問わず)では、料理のオーダーの最後にこう尋ねられることがあります。「油菜はどうする?」と。

コレがないと始まらない
香港の定番「箸休め」

6474711131226112
©Araya Jirasatitsin/Shutterstock.com

油菜と書いて広東語で(ヤウチョイ)。青梗菜、空芯菜、かいらん菜、レタスでも、いわゆる“青菜”はすべてこれにあたります。サラダ感覚というか、付け合わせというか。麺を頼もうが、炒飯を頼もうが、サイドメニュー的役割を担うのがこの油菜。

実際、これだけで立派な一品料理。油に通した菜っ葉にニンニクをからめたり、湯がいただけの青菜にオイスターソースをかけたり……なんでもないんだけど、ウマイのです。

なかでも衝撃を受けた油菜があります。長州島の漁師町でのこと。

すでにオーダーの最初に油菜を頼むほど、どハマりした僕の目の前に現れたのは、所どころ灰がかった色にまみれた空芯菜。それも鼻だけでなく、目まで刺激してくる強烈な磯くささをともなって。

ところが、です。

口にしたとたんアミノ酸系のうま味がやさしく広がるじゃありませんか。たんぱく質がアミノ酸によって分解される、発酵食品のようなあのトーン。固形のしょっつるとでもいいましょうか。カニ味噌っぽい風味もあって。そしてコイツ、恐ろしいほどビールがすすむ……。

生臭くも“現地してる”味の正体

6353682392154112
©iStock.com/ioriyoshizuki

聞けばこの味、オキアミを塩漬けにして発酵させた「蝦醬」なる調味料だそうで、長州島やお隣ランタオ島の名産品だとか。そうか、路地の奥に限らず、この離島にもリアルな香港があったか。

飲茶、雲呑麺、エッグタルト、旅行者ばかりが行くお店もいいけれど、地元っ子が群がるディープな香港も外せません。潮風のにおいのする離島に足を伸ばしてみては?食都・香港の奥深さがそこに。

ところで、くだんのペーストは日本でも購入可能。李錦記より「幼滑蝦醬」なるものが出ています。煙が出る手前まで熱したフライパンに油をたっぷりめに引いて、ニンニクと同時に青菜を放り込む。茎や葉っぱが油をまとったところで蝦醬投入。もたもたしていると火が通り過ぎてしまうので、手早さが重要です。

再現料理:油菜
再現食材:幼滑蝦醬
再現度:★★★★☆

Top image: © konmesa/Shutterstock.com, 2018 TABI LABO



まだまだ、アジアを喰らえ!

いざ、魅惑と味覚のワンダーランドへ
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
炒めるだけのシンプルな料理だからこそ、それぞれこだわりも強くなりますよね。これらのポイントを抑えれば、簡単にパラパラになりますよ!
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしく...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
濃い味付けの多いインドネシア料理において、とにかく胃にやさしいバリ島の「ガドガド」について。
冷蔵庫を開けた時に、アスパラガスしかない……。でもお腹を満たしたいし、おいしい料理が食べたい!ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応...
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?