レトルトが劇的に美味しくなる「スパイスソース」を試してみて!

気になるあの人たちを直撃。とっておきの「マイ・フェイバリット調味料」を教えてもらいました。毎日の食事のヒントやひらめきがきっと見つかるはず!

第1回は、作家で料理家の樋口直哉さん。

樋口直哉

作家、料理家。服部栄養専門学校卒業後、料理教室勤務や出張料理人などを経て、2005年『さよならアメリカ』で群像新人文学賞を受賞。全国の食品メーカー、生産現場の取材記事を執筆するほか、料理家としても地域食材を活用したメニュー開発などを手がける。近著に『おいしさの「仕組み」がわかる 料理のキホン』 (スマート新書)、『新しい料理の教科書』(マガジンハウス)など。
https://note.com/travelingfoodlab

イチオシはコレ!

©2019 NEW STANDARD

トリイソース 「カレー専用スパイスソース 
130ml 539円(税込)

生の国産野菜を使い、木樽熟成で仕込んだ無添加ソースが人気の浜松「トリイソース」。大人と子どもが同じカレーを一緒に食べられるよう開発。甘口カレーにかけるだけで大人も満足の辛口に。

元の味のバランスを崩さず辛くできる

©2019 NEW STANDARD

レトルトカレーがわかりやすい。かけるだけで断然おいしくなります。ソースにハバネロとスパイスを加えただけ。その配合が絶妙。絶品だと思います。

よくカレーにウスターソースをかける人がいますが、単純にソース味にするんじゃなく、コレは味の底上げをしてくれる。野菜をていねいに炒めたり、お肉をじっくり煮込んで“旨み”を引き出すように、カレーに旨みを追加してくれるところがいいんですよ。

から揚げやスペアリブの下味にもオススメ。お酢のおかげで肉も柔らかくなるし、カレー粉をまぶすよりもハバネロの辛さでシャープな味に仕上がります。

Top image: © 2019 NEW STANDARD

関連する記事

あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
兵庫県丹波篠山の無農薬ハバネロを使ってつくる「メローハバネロ」。シリーズ中もっとも辛いのがこの「Heaven」。これぞ、正真正銘の激辛!なのにきちんと美味...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
この記事では、恋人との相性やあなたの性格診断、隠れた才能の発見まで簡単にできて当たると話題の心理テストを幅広くご紹介します。人間関係の悩み解決や気になるあ...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...