1000円超え!「アボカドオイル入りマヨネーズ」を実食

ソース大国アメリカ。いろんな味があって、本当に懐が深い。

オンライン輸入食品店「iHerb」で買える逸品を紹介します!

©2019 NEW STANDARD

カリフォルニア州に本拠地を置くPrimal Kitchen社の「アボカドオイル入りマヨネーズ」です。

Primal Kitchen社は乳製品フリー、グルテンフリー、精製砂糖フリー、大豆フリーなどなど健康に良いソースやドレッシングを製造販売する食品メーカー。

このアボカドオイル入りのマヨネーズは、放し飼いの鶏卵やビート由来の酢を使った、シュガーフリー、ヴィーガンOK、合成物・人工物フリーのマヨネーズです。値段が1000円超えと高いのも、この原材料のこだわりようなら納得ですね。

マヨネーズは身体に良くないってイメージがあるけど、これなら罪悪感なく食べれそう。気になるお味は......?

©2019 NEW STANDARD

まろやか!なんかどろっとしています。日本のマヨネーズを想像して食べると、ちょっとびっくりするかも......。

というのも、まず匂いが強い。開けた瞬間、酸っぱい匂いが広がります。でも、食べると味はまろやか。匂いと味のイメージが一致しないから少しびっくりしてしまうんですよね。ちなみにアボカドオイルを使用していますが、アボカドの味はしません。

個人的な意見ですが、味で勝負するなら日本のマヨネーズのほうがおいしいと思います。でもこのマヨネーズはおいしいとかそういう次元で勝負していないんですよね(たぶん)。だって、超意識高い系マヨネーズだから。健康意識の高い人は、試してみる価値ありかもしれません。

商品名:Primal Kitchen, アボカドオイル入りマヨネーズ、12液量オンス (355 ml)
値段:1098円
※生産状況や在庫状況により欠品の可能性があります。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
TABI LABO編集部がNEXT輸入食料品店として注目する「iHerb(アイハーブ)」から、日本ではまだ知られていないTHE アメリカンな「ソース」3選...
カリフォルニア州に本拠地を置くAnnie's Naturals社の「バーベキューソース」。変化球の「スモーキーメープル味」!
いま、健康に意識の高いニューヨーカーたちの間で、大ヒットとなっている商品があります。それがこの、サー・ケンジントンの「アボカドマヨネーズ」。そう聞いて「ア...
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
カリフォルニア州に本社を置くHuy Fong Foods社の「シラチャソース」(別名:シラチャー、スリラッチャ)はタイ王国のシーラーチャー郡(Si Rac...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
この真っ赤な色は、唐辛子か?それともトマト?そのどちらでもないんです。これは赤いパプリカを塩漬けした「マッサ」。ポルトガルではポピュラーな調味料で、味噌や...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
マヨネーズは全卵を使ってつくるのが基本ですが、これをちょっとでもヘルシーに仕上げるためには黄身を抜いてしまえ。というのがこの記事のテーマ。本来は料理をする...
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
ロンドン発のアボカドレストラン「Avobar」。アボカドを想起させるグリーンを基調にした店内では、アボカドづくしのメニューが用意されています。まだ見ぬアボ...
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!