日本酒、塩、マヨネーズで、売れ残りのお刺身が激変

刺身は切りたてがおいしい。これは常識。だからサクで買う方が断然いいんですが、スーパーなどで閉店間際にお買い得になったお刺身が、決して悪いわけではありません。調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。

素材のうま味を引き出すには、
日本酒→醤油の順につける

© iStock.com/kuppa_rock

日本酒を少し口に含んだまま料理を食べる「先手飲み」という手法があります。これは、お酒とペアリングする料理をよりおいしく味わうためのテクニック。

これに倣って、刺身に醤油をつける前に日本酒にちょん。魚の生臭さを消すだけでなく、うまみ成分グルタミン酸が刺身のイノシン酸と合わさることで、相乗効果によりうま味が倍増。おいしさが格段にUPします。

歯ごたえにこだわるなら、塩

©iStock.com/ollo

こちらは、いわゆる「塩じめ」という方法。刺身に薄く塩を振り、キッチンペーパーに包んでラップをし、冷蔵庫で15分ねかせます。塩を水で洗い流したのち、ていねいに水気をきってから食してみてください。

塩を振ると、余分な水分が抜けて歯ごたえがよくなります。さらに刺身のうま味も凝縮され、お値打ち品とは思えない味わいに。

トロのような脂ののった口当たり
マヨネーズをつける

© iStock.com/piyaset

マグロやカツオなどの赤身には、マヨネーズをぬるとコクが加わり、まるでトロのようなもったり濃厚な味わいに。刺身の味が淡白すぎたり、脂が足りないなと感じたときは、マヨネーズをプラスしてみましょう。

Top image: © NPDstock/Shutterstock.com
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
他の記事を見る
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
って、言うほど高いところでもないんですけどね。
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
茨城県つくば市にある「小菊」は、つくば駅から15分ほど歩いたところにあり、地元民から出張のお父さん方まで幅広く人気の刺身居酒屋。この街は海に面していないけ...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります...