「伝説のアルテザナウ」進化したブラジルのお酒がおいしいよ!――ブラジルのお酒と料理 特集

©2019 TABI LABO

香りはサトウキビのように甘く後味はスッキリ。近年、急速に進化したと言われるブラジルのお酒、カシャッサに注目です。

うっすらと黄金色に輝いて見えるカシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビを絞ったジュースから造られるブラジル原産の蒸留酒のこと。アルコール度数は高いですが、飲みやすく、サトウキビの甘い香りがふわっと香ります。ちびちび飲むのがとってもおいしいお酒です。

カシャッサ自体はブラジルで16世紀から造られているといわれ、4000以上のブランドがありますが、そのほとんどがブラジル国内で消費されていました。ところが近年、生産者の努力もあって、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得するように。ドイツやフランスをはじめ、ヨーロッパでも注目されるようになってきたのです。そのなかでも伝説のアルテザナウと呼ばれているのが、職人手作りのクラフト・カシャッサ「カシャーサ・ダ・キンタ」です。

©シモンセン株式会社

「カシャーサ・ダ・キンタ」は2013年のブリュッセル国際コンクール・スピリッツ部門で、カシャッサでは初となるグランドゴールドメダルを獲得しました。リオデジャネイロ北部の農場で3代にわたって手塩にかけて造られています。

3代目当主の女性カチアさんは、徹底した品質管理を行うだけでなく、フランスから輸入したガラス瓶を使ったり、パッケージデザインも一新。クラフト・カシャッサそのもののイメージアップに大きく貢献しました。

クラフト・カシャッサの熟成には、ワインやウイスキーに使われるオークの木だけでなく、イペー、アンブラーナといったブラジル特有の樹木を含むいろいろな木が樽の材料に使われます。そのため、他の国のお酒にはないような、未知の味や香りに出会うことができると言われています。例えば、アンブラーナは、春になるとカラメル色のいい香りの花が咲く木。ブラジルの香りとして、フレグランスに使われることも。

奥が深いため、どれから飲むか選ぶのはとても難しいのですが、最初に選ぶならカシャーサ・ダ・キンタがオススメ!3種類あるうち、サトウキビらしさがストレートに楽しめるブランカ(ポルトガル語でホワイトの意味)を飲めば、きっとその魅力が伝わるはずです。海外では、こういった樽で寝かせていないホワイトラムも楽しまれています。木の香りを楽しみたい人は、アンブラーナやカルヴァーリョ(オーク)をチェック。

©2019 TABI LABO

ステンレス製のバレルで貯蔵・熟成したブランカ。そのほか、アンブラーナや、カルヴァーリョ(オーク)など、木樽の香りが楽しめるものも含めて3種類選べます。
カシャーサ・ダ・キンタ ブランカ 4536円(税込)
カシャーサ・ダ・キンタ 日本公式サイト:http://www.cachacadaquinta.jp/

Top image: © 2019 TABI LABO
取材協力カシャッサ・カウンシル・ジャパン

おすすめ記事

ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
(前回のつづき)。じつは私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国「ブラジル」へ行って来ました。ブラジルの有名なバリスタさんが、日本から来た私をブラジルのコ...
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透し...