韓国風「海鮮丼」は、ちょっと豪快にかき込むくらいがちょうどいい

サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります。それもお刺身。「フェドッパプ」という海鮮丼、これがウマイ!

ざっくりと切った魚を
ざっくり混ぜて食べる
豪快な丼めし

091a69933be01a14952242e4ae7a0a212f1db4fd

日本で暮らしていると定食屋からレストラン、居酒屋まで、どこでも注文可能なお刺身ですが、韓国でお刺身を提供するのは、もっぱら鮮魚専門店。客からの注文を受けて、生け簀の魚を目の前で豪快にさばく、が多いんだとか。

おろしたてのお刺身をどっかと盛り付けて、数種類の野菜と一緒に、コチュジャンをのせて、ごはんとよく混ぜていただくフェドッパプは、韓国を訪れる日本人にも人気のメニューだというのも分かりますね。

<材料:1人分>

・ごはん:150g
・サニーレタス:2枚
・にんじん:1/3本
・かいわれ大根:10g
・刺身:100g
・刻みのり:適量
・白ごま:適量 

タレの材料
・コチュジャン:大さじ1と1/2
・酢:大さじ1
・しょうゆ:小さじ1
・砂糖:小さじ1
・おろしにんにく:小さじ1/3
・おろしショウガ:小さじ1/3 

<つくり方>
サニーレタスは太めの千切りにします。にんじんは千切り、かいわれ大根は長さを半分に。お刺身(お好みで)はひと口サイズに切っておきます。どんぶりにごはんを盛り付け、サニーレタス、にんじん、お刺身、刻みのり、かいわれ大根をのせます。そこにタレの材料を混ぜてかけ、白ごまをふって完成。

あとはビビンパのように、よく混ぜて豪快にいただきましょう!

海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
すべては、極上のシメのため。コタキナバルの「蒸し鍋」について。
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
秋の行楽シーズンに注意したいのが紫外線。真夏ほどではないにしても、外出時間が増えればそれだけ紫外線にさらされる機会も増えるわけだから。そんな週末お出かけあ...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
韓国の英字新聞「The Korea Times」の記事によれば、同国にあるアメリカ大使館は、1980年から現在までの約40年間、賃料を払っていないとのこと。
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...
日本に留学中の韓国人大学生スヨンさん。韓服に身を包んだ彼女は、手書きのサインボードを掲げ、京都の街に立ちました。「韓国人です。いっしょにハグしませんか?」...
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
まだまだ暑い日が続く。そんな時こそ食べたくなるのが辛いもの。ただでさえ暑いのにぐつぐつ煮えたぎる韓国料理「スンドゥブ・チゲ」を頬張って、ダラダラ汗をかく。...
ステーキ肉を焼いてみたら思ったよりも固かった、なんてことがありますよね。そんな時に機転を利かせてトライしたい料理を紹介します。南米ボリビアの名物「シルパン...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...