ひたすら海鮮を食べ続けなければならない「蒸し鍋」

寒い冬場においしいのが鍋料理。これって日本人的感覚なんじゃないでしょうか。なぜって、チゲにしても、タイスキにしても、火鍋だって、アジア一帯の国々では、高温多湿のなかでも汗をかきかき、はふはふしながら鍋を囲むんですから。

何が言いたいかって、アジアを巡るならば鍋料理を食べなきゃ損!ってこと。

正真正銘
“スチームする”鍋料理

マレーシアで鍋といえば「スチームボート」を指します。ダシを満たしたお鍋にお肉、海鮮、野菜を入れた、日本で言うところの寄せ鍋のようなもの。よくあるタイスキ鍋のように中央が煙突状にせり上がっていて、そこからシュッシュと蒸気船よろしく湯気が立ちのぼることから、この名がついたそう。

でも、ここに紹介するボルネオ島コタキナバル(サバ州の州都)で遭遇した鍋は、まったくの別物。

獲れたて新鮮な魚介を生簀(いけす)から選び、豪快に蒸して火を通し、唐辛子とニンニクを入れた醤油ベースのタレにつけていただく、蒸し料理のようなスタイル。形から連想するスチームではなく、こちらは正真正銘のSteam(蒸す)する鍋。「スチームボート・改」です。

シメのために注文を繰り返す
魔性の蒸し鍋

©Anon Prasert/Shutterstock.com

この蒸し器というか「蒸し鍋」がまたオモシロくて、スチーマーのような器具の鍋底には特製スープ(鶏ガラ入り)とお米が仕込まれているんです。穴の空いたステンレス製の蒸しプレートをかぶせ、その上に魚やエビや貝を乗せる。
わかります?単に魚介を蒸すだけじゃない。彼らから出てきた極上のダシを余すところなく、お粥状態になったごはんがキャッチしてくれるという仕掛け。

海鮮を食べれば食べるほど、シメのお粥が美味となる。つまり、最後のお粥をおいしく食べるために魚介をひたすら食べ続ける。知らずと食が進んでしまう、魔性の蒸し鍋料理。危険です(笑)。

マレーシアの物価は、だいたい日本の3分の1程度。観光地といえど、シーフードに限ってみればコタキナバルでも割安。日本で同じだけ食べたらいくらになる?
生簀から選んだ鮮魚を目の前で蒸す、エンタメとしても十分楽しめる。一人旅でもない限りまず外せません。いや、むしろ一人でも蒸しとくべき!

後から知った話ですが、正式には「海鮮蒸気鍋」という名で、山東省や江蘇省あたりの中国沿岸部にルーツがこの鍋料理にはあるようです。どうりで、お店にも中国人観光客が多かったわけだ。

肝心のレストランは、トゥン・ファド・ステファン通りを海沿いに、ハンディクラフトマーケットの正面、ル・メリディアンホテルの横。あとは、己の嗅覚を頼りに。

セイロで即席スチームボート

©iStock.com/Siraphol

仕組みさえわかれば再現はたやすいもの。がらスープとお米を深鍋に入れ、上にセイロを重ねて。ポイントはきちんとフタがしまること。お粥の水分が足りなくなったら、スープを差して加減するだけ。

再現料理:海鮮蒸気鍋
再現調理器具:セイロ
再現度:★★★☆☆

Top image: © iStock.com/Ho Hong Yun, 2018 TABI LABO
マレーシアで愛される鍋料理「スチームボート」。
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
マレーシア・クアラルンプールのショッピングモール「Fahrenheit 88」内に、8月末オープンした「セルフィー・ミュージアム」。インスタ映えを狙ったス...
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
ロールス・ロイスといえば、自動車だけでなく、「エンジンメーカー」としても一流の名を馳せています。イギリスのヨットデザインスタジオ「Claydon Reev...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
濃い味付けの多いインドネシア料理において、とにかく胃にやさしいバリ島の「ガドガド」について。
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります...