「ロールス・ロイス製エンジン」を搭載したボートで、この夏は疾走バカンスを!

ロールス・ロイスといえば、自動車だけでなく、「エンジンメーカー」としても一流の名を馳せています。イギリスのヨットデザインスタジオ「Claydon Reeves」が、そんな同社の優れたエンジンを搭載したボート「Aeroboat S6」のデザインを発表しました。

シャープなデザインで
海を駆け抜ける

100年以上にわたってイギリス産業を支え続けてきたロールス・ロイス製エンジン。このボートには、航空機にも使用される最新のユニット「MTU 10V 2000 M96L」が2つ搭載されており、時速約75kmで約740km走行することができるそう。

全長3m弱の小さな競艇ボートが、時速約80km程度であることを考えると…全長約20mの「Aeroboat S6」がここまでスピードアップするのは、やはり相当パワフル。上のイメージのように、海風を切って走る姿を考えるとわくわくしますね。

デッキに寝転がって
疾走バカンス

最大乗船人数は12人で、開放的なデッキからは海の景色を楽しむことができます。船の後方からは階段が出てくるので、簡単に海へダイブもできちゃったり。

昼間はキッチンスペースとして、そして夜は寝室としても利用できるギャレーは、最大4人まで寝泊まりが可能な広々空間。もちろんシャワールームも完備してあります。

現在ロンドンでのみ予約が可能となっている「Aeroboat S6」。価格は発表されていませんが、“いいお値段”であることは想像に難くありません。

このボートで海を堪能し、夜はホテルのような船内でリラックスする...なんて贅沢な夏の楽しみ方は、想像しただけで心がくすぐられます。

Licensed material used with permission by Aeroboat
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
英「ロールス・ロイス・モーター・カーズ」が今注力しているプロダクトとは「ハチミツ」。イギリスの「グッドウッド養蜂場」では25万匹のミツバチがフル稼働してお...
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
いつか使ってみたいキャンピングトレーラー「Sealander」。ドイツ企業が開発を手がけました。
アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動するフランス人デザイナーJulien Fesquetさんが、「ロールス・ロイス」の最高級モデル「スウェプテイル」をもとに...
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
3つの船体をいかだのように平行に連結した、フランス生まれのトリマラン型のプレジャーボート。2013年のデビュー以来、改良を繰り返してきました。これが、スゴ...
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
縁結びで知られる「出雲大社」の古代の姿をARやVRで楽しめる「古代出雲大社高層神殿AR・VR」が制作され、無料の史跡観光アプリにて今月から公開中。
Banksy(バンクシー)がかねてより力を入れていた人道支援を強化するべく、ボートを購入したことを明らかにした。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
マレーシアで愛される鍋料理「スチームボート」。
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...
ソーシャルディスタンスが叫ばれるなかで、ドライブインシアターやドライブインライブなるものが流行中。世界各地の文化施設でさまざまな工夫により営業が開始されて...
11月10日、イギリスの『コリンズ英語辞典』が2020年の「ワード・オブ・ザ・イヤー」を発表した。選ばれたのは「lockdown(ロックダウン)」だ。
11月7日、アメリカ大統領選挙でジョー・バイデン前副大統領が当選確実だと伝えられ、次期副大統領になることが確実となったカマラ・ハリス上院議員が、デラウェア...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
「Portl」は、ボートを貸したい人、借りたい人、操縦したい人の間でおこなうボートシェアリングのサービス。相場よりも安価かつ免許がなくても利用できることで...
美しくも短い北欧の夏。陽光の下に身をおいてこの季節を楽しむためのアクティビティが目白押しのコペンハーゲンで、新たにこんなサービスが始まりました。これ、日本...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...