「ロールス・ロイス」が原子力で宇宙開発!英宇宙局と共同研究開始

英高級自動車メーカー「Rolls-Royce(ロールス・ロイス)」が、原子力産業にも力を入れていることはご存知だろうか。

そんな同社と「イギリス宇宙局」が共同で、原子力宇宙調査の研究を開始。この研究契約では、原子力の潜在能力を探り、今後数十年間で深い宇宙探査を可能にすることを目的としている。

原子力は、ロケットに供給されている化学エンジンの2倍も効率的といわれる。たとえば、原子力エンジンを搭載した宇宙船は、わずか3〜4ヵ月で火星に到達する可能性があると予想されており、これが本当ならば、現在の宇宙船で最短で到達する時間の約半分になるということだ。

しかも、飛行時間の節約は、宇宙飛行士が浴びる放射線量の削減にもつながる。このほか、太陽光や燃料電池といった代替エネルギーが持つ弱点も原子力には当てはまらない。

ゲームチェンジャーとなりうる原子力。地上での活用はリスクが大きいので慎重な姿勢も強いが、宇宙開発分野ではかなりの注目株のようだ。

Top image: © iStock.com/coffeekai
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

英「ロールス・ロイス・モーター・カーズ」が今注力しているプロダクトとは「ハチミツ」。イギリスの「グッドウッド養蜂場」では25万匹のミツバチがフル稼働してお...
アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動するフランス人デザイナーJulien Fesquetさんが、「ロールス・ロイス」の最高級モデル「スウェプテイル」をもとに...
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
海でも山でも、お供する最高のパートナー。しかも疲れたときには簡単に展開し、心地いい椅子になるのは、なんとあの「ロールス・ロイス」からリリースされたポータブ...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
宇宙とリアルタイムでつながれる遠隔操作ロボット「space avatar(宇宙アバター)」の利用実証プロジェクトが本格スタート!
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...