ロールス・ロイスの「船舶管制塔」

ここで紹介するコンセプト動画は、将来世界中を往来するようになる無人輸送船を、7〜14名ほどの少人数でリアルタイム監視するためのもの。

動画に盛り込まれている最先端のテクノロジーの数々が、SF映画顔負けに描かれている。

船舶管制塔のなかは、部屋一面がディスプレイ。無人船舶が辿っている経路やステータスが常に管理される。

人工知能との音声会話で、ほとんどの操作は完結する。そのほか、ホログラムやタブレットでテキスト・画像・動画を確認。

船舶に問題が起きた時は、カメラ付きのドローンを出動させてLive映像を確認。さらに、アイトラッキング機能で目の動きを視点に反映させたり、視線の先にあるパーツを調査する。

故障が見つかれば、次の港で交換できるようスタッフやパーツの手配を進めるだけ。

人工知能からは、「そろそろ一息入れてリフレッシュしたほうがいいですよ」なんて、人間味のあるアドバイスも。

エンジニアは「故障から過去3時間のデータを」と声をかけるだけで、機体の詳細を確認できる。

エンジン音のオーディオを聴いて、耳で判断するなんて職人らしい芸当も遠隔でできる。会議は、人材とスケジュールを一覧表示。あとは選ぶだけ。

ミーティングルームでは、ホログラムを使って詳細を共有。ディスカッションできる。

2014年に考案した、タンペレ大学などと共同で研究開発に取り組んでいるコンセプトだ。動画で見ると臨場感を感じる。

Licensed material used with permission by Rolls-Royce Singapore Pte Ltd

関連する記事

英「ロールス・ロイス・モーター・カーズ」が今注力しているプロダクトとは「ハチミツ」。イギリスの「グッドウッド養蜂場」では25万匹のミツバチがフル稼働してお...
「ロールス・ロイス」は「イギリス宇宙局」と共同で原子力宇宙調査を開始する。同社はかねてより原子力産業にも力を入れており、宇宙開発に役立てる。
スウェーデンといえば、洗練された建築デザインで知られている。しかし、今回紹介するのは、ちょっと変わり種。場所は、首都ストックホルムのアーランダ空港。その敷...
アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動するフランス人デザイナーJulien Fesquetさんが、「ロールス・ロイス」の最高級モデル「スウェプテイル」をもとに...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
海でも山でも、お供する最高のパートナー。しかも疲れたときには簡単に展開し、心地いい椅子になるのは、なんとあの「ロールス・ロイス」からリリースされたポータブ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
明日3月2日(火)、大阪・北堀江にアースフレンドリーで楽しいブランドを独自にセレクトしたショップ「Fav_Our_Planet(ファヴ・アワ・プラネット)...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...