ロールス・ロイスの「船舶管制塔」

ここで紹介するコンセプト動画は、将来世界中を往来するようになる無人輸送船を、7〜14名ほどの少人数でリアルタイム監視するためのもの。

動画に盛り込まれている最先端のテクノロジーの数々が、SF映画顔負けに描かれている。

船舶管制塔のなかは、部屋一面がディスプレイ。無人船舶が辿っている経路やステータスが常に管理される。

人工知能との音声会話で、ほとんどの操作は完結する。そのほか、ホログラムやタブレットでテキスト・画像・動画を確認。

船舶に問題が起きた時は、カメラ付きのドローンを出動させてLive映像を確認。さらに、アイトラッキング機能で目の動きを視点に反映させたり、視線の先にあるパーツを調査する。

故障が見つかれば、次の港で交換できるようスタッフやパーツの手配を進めるだけ。

人工知能からは、「そろそろ一息入れてリフレッシュしたほうがいいですよ」なんて、人間味のあるアドバイスも。

エンジニアは「故障から過去3時間のデータを」と声をかけるだけで、機体の詳細を確認できる。

エンジン音のオーディオを聴いて、耳で判断するなんて職人らしい芸当も遠隔でできる。会議は、人材とスケジュールを一覧表示。あとは選ぶだけ。

ミーティングルームでは、ホログラムを使って詳細を共有。ディスカッションできる。

2014年に考案した、タンペレ大学などと共同で研究開発に取り組んでいるコンセプトだ。動画で見ると臨場感を感じる。

Licensed material used with permission by Rolls-Royce Singapore Pte Ltd

関連する記事

英「ロールス・ロイス・モーター・カーズ」が今注力しているプロダクトとは「ハチミツ」。イギリスの「グッドウッド養蜂場」では25万匹のミツバチがフル稼働してお...
「ロールス・ロイス」は「イギリス宇宙局」と共同で原子力宇宙調査を開始する。同社はかねてより原子力産業にも力を入れており、宇宙開発に役立てる。
スウェーデンといえば、洗練された建築デザインで知られている。しかし、今回紹介するのは、ちょっと変わり種。場所は、首都ストックホルムのアーランダ空港。その敷...
アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動するフランス人デザイナーJulien Fesquetさんが、「ロールス・ロイス」の最高級モデル「スウェプテイル」をもとに...
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
海でも山でも、お供する最高のパートナー。しかも疲れたときには簡単に展開し、心地いい椅子になるのは、なんとあの「ロールス・ロイス」からリリースされたポータブ...
ロールス・ロイスといえば、自動車だけでなく、「エンジンメーカー」としても一流の名を馳せています。イギリスのヨットデザインスタジオ「Claydon Reev...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
先日、オンラインで開催された「Apple」のカンファレンス「WWDC2020」でApple TV+渾身のSF大作ドラマ『Foundation(原題)』のテ...
「ZARA」は5月12日に、ヨーロッパ、アメリカ、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、5月13日に日本、中国でメイクアップコレクション「ZARA BE...
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
「Mia hoodie chair」は、子どもの全身をスッポリ覆う大きさで、自分だけの空間にお籠りするようにして座ることができる子ども用のイス。子どもを優...
Netflixが「パブロ・エスコバルのカバ」を題材にしたコメディ『Cocaine Hippos』を製作するようだ。
高さは369mになる予定で、東京タワーより少し高いくらいです。見た目はとっても未来的。
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
一人暮らしをしている人は部屋のスペースが限られているので、ダイニングテーブルやイスを置くことがあまりないのかもしれません。でも、この「Bookchair」...
人類の歴史の中でも非常に大きな出来事として刻まれている、1969年7月20日のアポロ11号月面着陸。人類が月に到達してから48年という月日が経ったいま、「...
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...
人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。先...
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
より安全にして安心な運航のために、2022年にノルウェーで建設が始まるのは「Stad Ship Tunnel」と呼ばれる大型船用のトンネル。
最新のテクノロジーを駆使してデザインされたスツール。ユーザーの身長や体重、体型などを考慮して最適なカタチに仕上げたのだとか。
2月29日、ブリティッシュ・エアウェイズがジョン・F・ケネディ空港にて、「自律走行型車イス」を提供すると発表。同日から試験導入も始まっている。
遊牧民族のように引っ越しをどんどんするタイプの"ジャパニーズ遊牧民"の方、要チェックです。
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
岡山県を拠点にアップサイクルによるモノ作りをおこなっているブランド「3sun」。別ラインで展開している布バケツバッグのブランドが「BAILER(ベイラー)...
スペイン人のアクロバティックパラグライダー、オラシオ・ジョレンスは、その光景を目の当たりにして、こう思ったそうです。「今まで世界中の空を飛んできた。けど、...
『太陽の塔』、完全復活、目前。耐震問題などが原因で、1970年に行われた日本万国博覧会(大阪万博)以降は限定的にしか公開されてこなかった『太陽の塔』内部。...
フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。