幼稚園のリフォームに「船舶コンテナ」が使われた理由。

埼玉県八潮市にある「小倉あさひ幼稚園」は、50周年という節目に園舎を新しく建て替えることにしました。そこに使われたのは、なんと船舶コンテナ。

78fce007e9f96b72de25577e1bb25dd73e8d4582442d1037c2d5c39a568ed3758999d6c9f2686e94256911a1ea876b9d2883085214dadacf961c212b

子どもたちの創造性と未来拓くデザイン部門で第10回キッズデザイン賞を受賞した園舎は、「HIBINOSEKKEI」の中にある幼児施設に特化したチーム、「HIBINOSEKKEI+Youji no Shiro」によるもの。

Spoon&Tamago」や「EVERYDAY OBJECT」、「CURBED」といった海外メディアでも話題になり、国内外問わずSNSで広く拡散されました。

もちろん、多くの人々から関心を集めた理由は、その奇抜さだけにとどまりません。建築に込められたメッセージがとても素敵だったのです。

“再利用”の大切さを学べる
持続可能なエコ幼稚園

235d556a12df8897c3dbe60c3d9469075297bd205d9bd65d6d53f33c8118fe0fe3e55fd94797c60240e8182269fc5983b1cc36f2a7ca2c4a1b1bc29fA37089faa10271681afef3166b7591258c8e4d77

外側はコンテナそのものですが、室内は温かみが感じられる木質園舎になっています。対比をあえてハッキリさせたことにはこんな理由が。

子どもたちに、限りある資源を大切に使うことを伝えたい。

実際に、既存のモノや構造を活かすことで施工期間は大幅に短縮。省エネやCO2の削減にもつながっています。もちろん、園舎を建て替えるにあたり必要とされていた、耐震強化もバッチリ。

この建築は、そんな環境や持続性への配慮を、園児たちにも気づいてもらえるように、わかりやすくつくられたものでした。

Ac733a6f51faccd5389a388ef67806bd9971dcde

園庭には、工事で伐採せざるを得なかったケヤキの木がありました。今は園名やクラスのサインに再利用されて生まれ変わっています。

45a4b5ddff62ec38e6be2e7b0809c332b54d4161

保育室や職員室を外に向けて開くように設計されているところも、中の様子が通りがかりにもわかりやすく、より人が集まりやすい場所を意図してとのこと。

毎日通う建物って大切。それが感性豊かな園児たちならなおさら。頑丈で、優しくて、地球環境への思いやりが感じられる幼稚園。そこでスクスク育った子どもたちがどんな大人に成長していくのか。未来が楽しみになりますね。

Licensed material used with permission by HIBINOSEKKEI, HIBINOSEKKEI+Youji no Shiro
元気に走り回り、すくすくと育つ子どもたちの姿が、その地域にとって、あたたかい希望の光となるような場所。それが、幼稚園のあるべき姿ではないだろうか。子どもの...
世界が注目する、熊本の「認定こども園 第一幼稚園」。この幼稚園の設計を手がけたのは、「HIBINOSEKKEI + Youji no Shiro」。幼児施...
森の中に入って目をつむると、つぼみが開いていくように、感覚が研ぎ澄まされていくのが分かります。頬を撫でる風、緑のにおい、鳥の声。自然のものに触れると、ほっ...
東京にある「ふじようちえん」や熊本の「認定こども園 第一幼稚園」などなど。近年、学びの場がどうあるべきかを考えさせられる斬新な建築が増えています。ここで紹...
「あたし、今どう見えてる?くすんでない?」東京に出てきたのは、「東京にいる自分」になりたかったから?地元に帰らないのは、「地元に帰った自分」になりたくないから?
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」の人気イベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートした...
初めて幼稚園へ行く朝、緊張してスクールバスに乗りたがらない娘のMollyちゃんのために、恐竜の着包みをかぶって喜ばせたお母さん。その姿には地元のメディアま...
ある日はコックさんに、ある日は憧れのヒーローに、そして、ある日は大好きなママに。たとえ雨が降って外で遊べなくても、豊かな想像力を働かせば、室内遊びはとって...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
アメリカ、シアトルにある介護施設は、少し変わった特徴を持っています。施設の中に、幼稚園が併設されているのです!これは高齢者と子どもたちが、もっと触れ合う機...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...
幼稚園以来、じつに30年ぶりの再会を果たしたカップルが、アメリカ全土で話題となっています。ただの再会では誰も騒ぎませんよね。じつは彼ら、マッチングサービス...
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...