幼稚園の中にかわいい家が生まれました。リアルなままごとを楽しめる「ouchi」プロジェクト。

ある日はコックさんに、ある日は憧れのヒーローに、そして、ある日は大好きなママに。たとえ雨が降って外で遊べなくても、豊かな想像力を働かせば、室内遊びはとっても楽しくなります。幼稚園設計のスペシャリスト「HIBINOSEKKEI+Youji no Shiro」があたらしく手がけたのは、園舎ではなく、ごっこ遊びをする為の遊具でした。大人も一緒に、みんなで楽しめる夢のおままごとの世界をのぞいてみましょう。

あたらしい〈おままごと〉の世界は、
「ouchi」の中にありました。

B0badda60442029d816cb732868f4f09fa758c6374bd8913c29bac9589f3c56e47161c25787a5de7

佐賀県にある認定こども園「嘉瀬こどもの森」。既に新しい園舎を5年前に完成させていたオーナーが依頼したものは、「子供たちが創造性を育みながら、ごっこ遊びが出来るような物を作って欲しい」というものでした。

子供たちがごっこ遊びをするのは、大人の真似をしたいからなのではないでしょうか。であるならば、既成の玩具や遊具ではなく、園舎の中にもう一つ、子供サイズの小さな家をつくり、お母さんやお父さんの真似をしたり、大人っぽいことを創造するような仕掛けを作ればいい。あたらしい〈おままごと〉の世界は、ごっこ遊びの原点である「ouchi」の中にありました。

C433b88ced9160dd943b511dade665fba6412439

子供たちが中に入るとこのような景色が広がります。

想像の世界のなかで、
めいっぱい楽しんでほしい。

6ebd6ec1577b8603f9f12a438a31e85cb218f865E601637410b526b29c697e8b17a68476266ef7fc2e5db9ef65259058cd57a107944224e9752c3c4894511e5f958c8b2cbcd8765d29e2e03db3470711

かわいらしい家の中には、キッチンや薪ストーブ、洗濯機や物干し竿、そして、屋根裏やテラスまで用意されていました。小物類は、すべて天然木無垢材で作られているので、口のなかに含んでも安全です。キッチンでは、大人たちがとくべつ何にも教えてなくても、ママの真似をして食器を洗っていました。その姿が様になっていることに驚くと同時に、子供たちは、普段からしっかりと大人を観察してるのだと感心してしまいます。薪ストーブだって、ちゃんと薪をくべているのですから。

もっと楽しいごっこ遊びを。

3a027719347d03fbe9b93262d2be9b0b70070c91

たとえば、段ボール箱をテーブル代わりにして、紙に食べ物の絵を描いて、それを配膳してウエイトレスさんを真似てみたり。あるものを工夫して、ままごとを楽しんでいた頃を思い出すと、よりリアルにその世界に触れることができる〈ouchi〉は、想像と現実の世界の境目が分からなくなってしまうほど、憧れの大人たちに一歩近づけるのだろうと思いました。ごっこ遊びには、夢があります。すべて子供たちのスケールで作られていますが、大人たちも中に入って遊べば、きっと、子どもたちと同じように新しい目で世界を見ることができるでしょう。

Licensed material used with permission by HIBINOSEKKEI + Youji no Siro
世界が注目する、熊本の「認定こども園 第一幼稚園」。この幼稚園の設計を手がけたのは、「HIBINOSEKKEI + Youji no Shiro」。幼児施...
元気に走り回り、すくすくと育つ子どもたちの姿が、その地域にとって、あたたかい希望の光となるような場所。それが、幼稚園のあるべき姿ではないだろうか。子どもの...
森の中に入って目をつむると、つぼみが開いていくように、感覚が研ぎ澄まされていくのが分かります。頬を撫でる風、緑のにおい、鳥の声。自然のものに触れると、ほっ...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートした...
東京にある「ふじようちえん」や熊本の「認定こども園 第一幼稚園」などなど。近年、学びの場がどうあるべきかを考えさせられる斬新な建築が増えています。ここで紹...
埼玉県八潮市にある「小倉あさひ幼稚園」は、50周年という節目に園舎を新しく建て替えることにしました。そこに使われたのは、なんと船舶コンテナ。子どもたちの創...
初めて幼稚園へ行く朝、緊張してスクールバスに乗りたがらない娘のMollyちゃんのために、恐竜の着包みをかぶって喜ばせたお母さん。その姿には地元のメディアま...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
いろんなストーリーが浮かんできます。
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
アメリカ、シアトルにある介護施設は、少し変わった特徴を持っています。施設の中に、幼稚園が併設されているのです!これは高齢者と子どもたちが、もっと触れ合う機...
スペインで絶対に訪れるべきスポットといえば、100年以上も建築中の世界遺産、サグラダ・ファミリア。しかしなんと、その設計者である鬼才ガウディが、初めて一人...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...