宵闇にぼんやりと浮かび上がる「ワイヤー建築」

まるで、ホログラムで虚空に映し出されたかのような幻想的な建物。そこに実体がないように錯覚してしまいますが、これはすべて、ワイヤーで組み立てられているのだそう。

イタリア・ミラノで活躍する建築家兼アーティスト・Edoardo Tresoldiさんによる、不思議な魅力をお届けしましょう。

6944aa72b7f26c34c179b10f2fe3169ae0223c17

©Roberto Conte 

ワイヤーが影を織り成し、ぼんやりとした外観が浮かび上がります。すぐ隣にある教会とのコントラストも印象的。

D7a3abd5824eddf7b7600c5dfc62d6d77aa0cd2b

©Roberto Conte

1bd83e5196fee28f77384a52213db78b7f2900c4

©Roberto Conte

建物の中も、さながらRPGの世界のよう。

15dddafb6547994cecf863fbb2c126a91d4f8ac1

©Roberto Conte

0bf3529299e061f5e990ba341cfcae6213ab2b06

©Roberto Conte

ライトアップされると、また違った雰囲気に。

3558e07f2288429df597c9ecf00ea15145ecb554

©Roberto Conte

9ebb00f2153e8513e645a36941c986b50c11f818

©Roberto Conte

近くで見てみると、綿密に組み込まれたワイヤーが形を作っていることに気付きます。

F5f8320178225024cfa805197d2a6a0c8f40525b

©Roberto Conte

Top Photo by ©Roberto Conte
Licensed material used with permission by Edoardo Tresoldi, (Facebook)
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
インダストリアルな佇まいにヤラれて購入した〈PUEBCO(プエブコ)〉の「ワイヤーバスケット」。自宅に持ち帰って、とりあえずミカンを入れてみたところピッタ...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
スペインで絶対に訪れるべきスポットといえば、100年以上も建築中の世界遺産、サグラダ・ファミリア。しかしなんと、その設計者である鬼才ガウディが、初めて一人...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...