低予算「コンクリートブロックの家」が、建築賞を2つも受賞!?(ブラジル)

サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル、奥行き25メートルのモダンな長屋、まずはその内装からどうぞ。

陽の光が奥まで届く
コンクリートブロックの家

この家の特徴はブロック塀に使用される、あのコンクリートブロックを壁一面に積み上げ建物の構造としているところ。

1階はリビング、トイレ、キッチン、洗濯置き場、ベッドルーム。そして長屋の奥にまで陽光を行き届かせる中庭が、建物全体に個性を与えているようです。

植物も多く、気持ちよさそう。

2階はゲストルームのほか、将来菜園として使えるスペースなんだとか。

こちらがオーナーのDalvaさん。

のんびり星を眺めながら夕涼み。なんてことが日常になりそうな中庭。夜はまた違った表情を見せてくれます。

シンプルで無駄のない間取りが
ダブル受賞の決め手?

細長〜い土地に、延べ床面積95平方メートル。この独特の立地条件を逆手にとって建てられたDalvaさんの家は、スペイン政府主催の建築賞「BIAU」と、「ArchDaily building of the year 2016」における戸建部門を受賞しました。

とくに後者は、世界の建築業界の動向を伝える「ArchDaily」において、読者投票で決定するもの。「シンプルに美しい!」「ブロックの配置に脱帽」などの高い評価が集まったようです。

ところがこの家、じつは崩壊寸前のオンボロ住宅を一新させたものだったんです。

「今にも崩れるんじゃないか
心配になるような家でした」

Worldcrunch」が事の真相を伝えています。

前述のオーナーDalvaさんは、メイドとして働きながら数十年間この場所に住み続けてきたそうです。生活するのがやっとの賃金、次第にガタがくる我が家に、リフォーム資金も乏しく、劣化だけが進行し、今にも崩れそうな状態だったんだとか。衛生的にも決して良いと言えるコンディションではない中でのギリギリの生活。

とても住み続けられる状態ではなかった。とDalvaさんの息子。そんな母を見かねて彼は、今回デザインを施工した建築事務所「Terra e Tuma Arquitetos」へ。なんとか低予算で家を建てられないか、相談をもちかけたんだそうです。

知恵と工夫が生んだ美しさ

わずかばかりの貯金を託し、建築が始まったのは2014年。崩壊寸前の家屋は取り壊され10ヶ月後、コンクリートブロックを基調とした、全く新しい家へと生まれ変わったという訳です。

予算が限られた中、比較的低コストで手に入るコンクリートブロックを壁面素材に用いるアイデア、近隣のくたびれた住宅と比較すると、明らかに異質。それでも、美しさを兼ね備えたモダンな様相が静かに佇む姿が印象的ですね。

All photo by:Job Materno

Reference:Worldcrunch
Licensed material used with permission by Job Materno
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
ブロックチェーンのキーワードは分散化だ。じゃあ何がどう便利になるの? とくにイメージしやすい具体例は、電力だ。
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
心温まる動画をご紹介。
タイ・チェンマイにある、学校「Panyaden International School」のなかにつくられた体育館は、地球環境やそこで学ぶ子どもたちへの影...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナブルな...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...