お手本は「日本家屋」。外見からじゃ想像できないほど快適なタイニーハウス

この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)

でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタイニーハウスなんです。

そんな家をつくり上げたのは、アメリカの建築家Chris Heiningeさん。ヒントになったのは、なんと「日本家屋」でした。

人口密度がとっても高いことで知られる日本。その土地事情から、狭いけれど空間をうまく活用した家が多く、海外から来た人はみんな驚くのだとか。

そんな日本に20年間住んでいたというChrisさん。建築家の目から見ると、日本の家屋は限られたスペースを活用する知恵に溢れた、素晴らしい設計なのだそうです。

日本に倣って
限られた空間を有効活用

これは1階。シンプルな設計で余計なものがないので、部屋が広く見えます。

日本家屋の素晴らしい点は、デザインがすっきりしていること。まったくごちゃごちゃしていないよねここが一番、インスパイアされた部分だよ。色や模様も素晴らしいしね」

と語るChrisさんの言葉通り、とても整然としています。

右手に見えるドアは、窓とデザインをそろえたガラス製。壁の面積が限られているため、ドアをそのまま採光に使ってしまおうという大胆発想。外が見えることも、広く実際以上に広く感じられるポイントです。

自然の素材で
シンプルに

木などの自然の素材を活用した、シンプルなインテリアデザインも日本流。すっきりした形と素朴な色が安らぎを与えてくれます。

円形の窓がいかにも伝統的な日本のデザインですが、巧みなアレンジでモダンな印象に仕上げられています。暖かな色の照明もいい感じ。「壁も100%日本の伝統に倣った」そうです。

日本ならではの
階段箪笥(かいだんだんす)も

階段の下やソファの下など、ありとあらゆるところに引き出しがつけられています。これも、日本家屋からヒントを得ているとか。

階段箪笥って、空間を有効活用するための素晴らしい発想だよね。僕も設置してみたよ。日本独特の急な階段は、危ないから取り入れなかったけどね!」

これは2階。ゆったりくつろげるよう、クイーンサイズのベッドが置かれています。

移動も自由自在

このタイニーハウス、解体・組み立ても簡単にできるよう設計されています。2階部分は取り外さなくてはいけませんが、1階部分はなんとそのまま移動も可能という便利さです。

日本の技術と発想をふんだんに取り入れて造られたこのお家、なかなか居心地が良さそうだと思いませんか?

Licensed material used with permission by Tiny House
'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていた。特筆すべきは、その佇まい。今から50年も前...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
男なら、一度は憧れる秘密基地。自分だけの空間は、ドキドキワクワクしますよね。そんな男の夢が叶う小さなおうち「タイニーハウス」の人気がアメリカでますます高ま...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
暮らし方ではなく、家そのものもエコにしよう。
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
小さな空間を贅沢な別荘にするために、オーナーである建築家が考えた工夫とは?今回は、巻き上げ式ベッドや折りたためるテーブルなどの巧みなアイデアで、スペースを...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。