お手本は「日本家屋」。外見からじゃ想像できないほど快適なタイニーハウス

この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)

でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタイニーハウスなんです。

そんな家をつくり上げたのは、アメリカの建築家Chris Heiningeさん。ヒントになったのは、なんと「日本家屋」でした。

人口密度がとっても高いことで知られる日本。その土地事情から、狭いけれど空間をうまく活用した家が多く、海外から来た人はみんな驚くのだとか。

そんな日本に20年間住んでいたというChrisさん。建築家の目から見ると、日本の家屋は限られたスペースを活用する知恵に溢れた、素晴らしい設計なのだそうです。

日本に倣って
限られた空間を有効活用

これは1階。シンプルな設計で余計なものがないので、部屋が広く見えます。

日本家屋の素晴らしい点は、デザインがすっきりしていること。まったくごちゃごちゃしていないよねここが一番、インスパイアされた部分だよ。色や模様も素晴らしいしね」

と語るChrisさんの言葉通り、とても整然としています。

右手に見えるドアは、窓とデザインをそろえたガラス製。壁の面積が限られているため、ドアをそのまま採光に使ってしまおうという大胆発想。外が見えることも、広く実際以上に広く感じられるポイントです。

自然の素材で
シンプルに

木などの自然の素材を活用した、シンプルなインテリアデザインも日本流。すっきりした形と素朴な色が安らぎを与えてくれます。

円形の窓がいかにも伝統的な日本のデザインですが、巧みなアレンジでモダンな印象に仕上げられています。暖かな色の照明もいい感じ。「壁も100%日本の伝統に倣った」そうです。

日本ならではの
階段箪笥(かいだんだんす)も

階段の下やソファの下など、ありとあらゆるところに引き出しがつけられています。これも、日本家屋からヒントを得ているとか。

階段箪笥って、空間を有効活用するための素晴らしい発想だよね。僕も設置してみたよ。日本独特の急な階段は、危ないから取り入れなかったけどね!」

これは2階。ゆったりくつろげるよう、クイーンサイズのベッドが置かれています。

移動も自由自在

このタイニーハウス、解体・組み立ても簡単にできるよう設計されています。2階部分は取り外さなくてはいけませんが、1階部分はなんとそのまま移動も可能という便利さです。

日本の技術と発想をふんだんに取り入れて造られたこのお家、なかなか居心地が良さそうだと思いませんか?

Licensed material used with permission by Tiny House
'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていた。特筆すべきは、その佇まい。今から50年も前...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
男なら、一度は憧れる秘密基地。自分だけの空間は、ドキドキワクワクしますよね。そんな男の夢が叶う小さなおうち「タイニーハウス」の人気がアメリカでますます高ま...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...