世界の建築を長時間露光撮影した「異質な写真」7枚。

建築コミュニティをネットサーフィンしていると、
あっという間に時間が過ぎる。

Googleマップで新しい場所を探しては、
現地へ足を運んで撮るーー。

と、ドイツ人フォトグラファーのトビアス。ここで紹介する写真は、1枚につき8分間ほど露光して撮影し、詳細がくっきりわかるように加工したものだそうだ。建築美を強調して見せたいと「BoredPanda」にコメント。エッジがききまくりなので、実物を見たことがある人でもきっと驚く。

ドイツ・ケルン
セントラル・モスク

D11c8d2cf83bd7eb386c30f3f1e28b9a8af943c3

アメリカ・ボストン
スタタ・センター(MIT)

B88508df82c75cbe935e55abb6784418b1443c50

ドイツ・ベルリン
リエージュ=ギユマン駅

74bb5260a599e23d14ec71f52764c419e4810d44

ドイツ・ベルリン
テンポドローム

4ac68feeaf41ee7dfd1f9e4cbb2aedee98624ae3

ドイツ・ベルリン
シェル・ハウス

1c1665831a3286eb631434e28e62ea270980a861

ドイツ・ベルリン
シュプレードライエック

B4a09e1cdc2a29d221dc717dbd183ad39e9146df

ドイツ・デュッセンドルフ
市内

2c1988fbb026a26a63ee2f36668ad8816b20f923

ドイツ・ベルリン
市内・シュッツェン通り

7eb1aed0070f762131df64fa45a7b419225fc09b

ドイツ・ハンブルグ
シュパイヒャーシュタット(倉庫街)

B1a3a7946766dd8fb450a3423c4e5dff50d07e60

オランダ・ロッテルダム
キューブ・ハウス

Aa5991f3ec4ce94133cbf10d92e4318ff2811e3a

オランダ・フローニンゲン
市内

C4a3f177c72e8f46e8482cda23db6af24cd1ec19

その多くはドイツ付近で撮影されたもの。今後は、イタリア、イラン、スペイン、ドバイなどを訪れたいと話してくれた。旅をしながら建築や料理の写真を撮ることをライフワークにしたいのだとか。FacebookInstagramには、ほかにも魅力的な作品がたくさんある。

答え合わせはネットでカンタンにできるんだけど、できることなら実際に行って確かめてみたいものだ。

Reference:BoredPanda
Licensed material used with permission by Tobias Gawrisch.
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
フォトグラファーのThomas Biziourasさんが撮影した石橋のほとんどは、グレヴェナ県にあるものだそう。同県にはこのような橋が18本以上も存在して...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
アジアとヨーロッパ、ふたつの大陸にまたがる都市・イスタンブール。かつて、ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国と三代続いた大帝国の首都として、数多くの遺...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
時を隔てて撮影された2枚の写真。それらを見比べていた時、まさに「時は流れない。それは積み重なる。」というコピーのことを思い出した。そんな写真シリーズを紹介...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...