ニューヨークで撮影された写真は、映画のワンシーンのようだった

天まで届く高層ビルや、道路を埋め尽くすイエローキャブ、人種のるつぼ、それも確かに大都市ニューヨーク。でも、それらは、観光でこの地を訪れた人たちの目に映る姿。

賑わう時間をあえて避け、リアルな摩天楼の表情を切り取った写真がこちら。さながら映画のワンシーンを彷彿とさせる。

#1

C4d6101ce01c47fc77a560e01763143c803202cd

#2

Ca949a2b7ca1d314e34cd46214fa7dab0c14de10

#3

969424e6bfd123b39914b16e8bbac252a3409081

#4

2516d9bc9e09f307ef7bc392286aa56ef7a4cb63

#5

8ff0857058f3998b1ab3a58196d74acbe008a0ae

#6

94f37df67bef70b4bdc56c62234485cdf7840c21

CINEMATIC NYC』と題された一連の作品。アムスルダムを拠点とするフォトグラファーStijn Hoekstraは、観光客で賑わう時間帯をあえて避けることで、リアルなニューヨークの表情を写し出している。

地下を走る電車のフランジ音や、遠くから聞こえるサイレン、あるいは商店のドアベルがチャリンと鳴る音も…。それぞれの写真の奥からニューヨークの鼓動が聞こえてくるような気がする。

#7

1b0644710a7dd4583b8ebb9610b264f4d4c109c7

#8

4963221e314c44f1de795390f729cdec48413557

#9

36e88e96b6ea85d1add3849970f22a68a95bd141

#10

C8753e65d197434aaf674380c5d6763f3b3fa362

#11

1814f551acfcf3f725707b3e6e1bd19f0b162168

こういう姿を見せられるといつも思うことがある。「ニューヨークへ帰りたい」と。今夜は、ニューヨークを舞台とした映画でも観てみようか。

Licensed material used with permission by Stijn Hoekstra
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
あこがれの街。
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
ホラー映画や心霊現象映像など、とにかく苦手な私。ありきたりな答えだけど、「怖い」のだ。ただ、フォトグラファーのFrank Machalowskiによる心霊...
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
これらの写真を見ていて、映画「ブレードランナー」を思い出した。1982年に公開された作品は、サイバーパンクSFという新ジャンルを確立した。その世界観は、退...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...