鳥の巣みたいなスウェーデンのお家。中は意外と広いんです。

これまでにも、さまざまな国の変わったお家や意外な場所にある建物を見てきた。例えば、巨大な岩の上や断崖絶壁に建てられたもの。でもそのほとんどは、何か硬いものに面していたり、柱があったりと、下に支えがあった。

でも、スウェーデンの建築会社「Manofactory」がつくったこの家は「そろそろユニークな建物は見飽きてきた」なんて人にも楽しんでもらえるのではないか。

「あれ、浮いてるの?」と一瞬目を疑ってしまった。

でも安心して。ちゃんと固定されている。

ちなみに中はこんな感じ。スタイリッシュで外からよりも広く見えるのだ。

なんでこんなところに
建てたの?

一番聞きたかった疑問を、プロジェクトに関わったMichel Silverstorm氏に投げかけてみた。

「今まで誰も考えたことがなかったような場所も使えるということを、目に見える形で伝えたかったんだ。特に、建物を建てるための土地が不足しているという、都会の状況を良くするためにね」

また一番苦労したところは「魅力的な建築物をつくりながらも、鉄骨の部分で費用がかかりすぎないようにすることだった」とか。

偶然から生まれた
ユニークな発想

「ある日、プロジェクトメンバーと別件でミーティングをしていたんだ。ちょうどその週、地元メディアが首都ストックホルムの住宅問題について、大きく扱っている記事がいくつか出ていたんだ。だから冗談っぽく僕はこう言った。『問題ない。ストックホルムの中心にだって家は何百と建てられる』ってね。でもそんなこと、メンバーは信じなかったからこうも言った。『簡単だよ。鳥の巣みたいに崖から吊るせばいいのさ』って。みんなで笑ったんだけど、話は進んでいって、今はほら、この通りだ」

頭に浮かんだアイデアを、そのまま現実にしてしまうなんて…。しかも街のためだってことを考えると、どこか愛着が湧いてきてしまう。

Licensed material used with permission by Moderna Trähus
他の記事を見る
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
スウェーデンといえば、洗練された建築デザインで知られている。しかし、今回紹介するのは、ちょっと変わり種。場所は、首都ストックホルムのアーランダ空港。その敷...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
3月、デンマークの首都コペンハーゲンから鉄道に乗って、南スウェーデンを訪れました。スウェーデン人のご主人と結婚した友人・エンニがルンドという街に暮らしてい...
日本でも、冬限定で北海道にオープンする「氷のバー」。でも、世界には一年中オープンしているところもあるんです。2002年にオープンしたこのバー。店内は年中−...
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
これを見てパッと思い出したのは、2008年北京五輪の際に話題を呼んだメインスタジアム、通称「鳥の巣」。あの巨大な建築物を、かな〜〜〜りコンパクトに、そして...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
25分間がんばったら5分間リラックス。ポモドーロ・テクニックと呼ばれる集中力維持メソッドを応用したスマホアプリ「Octomonk」が、子どもの学習用に使わ...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...