スウェーデンが、物を修理すると「税優遇」を受けられる国へ。

使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。

スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理すること」で、税控除が受けられる制度を議会に提案した。

壊れたものは、
修理してもっと使おう。

The Guardian」によると、スウェーデンの議会に、自転車や衣類、靴などの修理にかかる付加価値税(VAT)を25%から12%へ引き下げる法案が提出された。ほか、冷蔵庫やオーブン、食洗機、洗濯機といった生活に必要な白物家電を修理した業者に、人件費の最大半分を所得税から還付できる制度が予算案に盛り込まれている。
※VATは、物の種類によって変わる消費税のようなもの。嗜好品には高く、生活必需品には低く、というように、付加価値によって課税率が変わる。

金融市場・消費者担当大臣のボルンド氏は、「これによって修理にかかるコストを大幅に削減し、修理を合理的な経済活動にできる」とコメント。直したほうが安く済むなら、必然的に使い捨てる機会は減るかもしれない。

二酸化炭素排出量を削減し、
雇用を促進!

CNN」は、日本円にして約87億円(7億4,000万クローナ)ほど税収が減るだろうと指摘しているが、法案には消費を抑えて環境への影響を削減し、公的な教育を受けていない移民の雇用を促進する目的も含まれている。

スウェーデンにおける二酸化炭素の年間排出量は、1990年から比べて23%も削減された。再生利用可能エネルギーによって電力の半分を賄ってもいる。しかし、消費による排出量の増加は続いていた。そして、高等教育を必要としない職に必要とされる人材が不足している背景もあった。

ボルンド氏はこの政策を、メーカームーブメントと呼ばれるデジタル製造や、Airbnb、Uberなどの共有経済といった消費削減に関連する国際的トレンドに基づいたものであると主張。法案は12月の投票によって可決された場合、2017年の1月1日から施行される予定だ。 

Reference:The Guardian, CNN
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
「こんなオイシイ仕事あるの?」と思うような求人情報が話題となっています。採用された人は、仕事始めと終わりにスウェーデン・ヨーテボリの駅「Korsvägen...
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
ドムドムバーガーの大ヒット商品、期間限定「丸ごと!!カニバーガー」。食べられるのは今のうち!
3月、デンマークの首都コペンハーゲンから鉄道に乗って、南スウェーデンを訪れました。スウェーデン人のご主人と結婚した友人・エンニがルンドという街に暮らしてい...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
先日、炊飯器が壊れたので、ある家電量販店へ修理を依頼しに行った。すると、修理費を見積るのに前金が必要で、もし、見積もりが高く、修理を中止にする場合は、預け...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
伊勢の産物を使ったモノづくりで、「皆様へほんまもんの伊勢のもんを届けたい。長年お世話になった伊勢へ恩返しがしたい」と、伊勢神宮に奉職して38年が過ぎた73...
スウェーデンが福祉大国で、しかも平等主義であることは知っていました。だとしても、今回の発表には「まさかここまで…」と驚かされたのと同時に、またひとつ、この...
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
25分間がんばったら5分間リラックス。ポモドーロ・テクニックと呼ばれる集中力維持メソッドを応用したスマホアプリ「Octomonk」が、子どもの学習用に使わ...
死滅の危機に瀕している野生のミツバチを救う施策として、スウェーデンの「McDonald's」が看板広告の裏側に巣箱を設置するプロジェクトを開始した。
11月下旬、五感を使って暗闇を体験する「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク(DID)」が、国立競技場前の「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」を新たな拠点...
「旅先でもお洒落に過ごしたいけど荷物を減らしたい!」という悩みを解消すべく生まれた手ぶら旅行サービス「ANA TEBURA TRAVEL」がスタート!
スウェーデン人のデビッド・リンドさん(39歳)が、大好きなサッカークラブにちなみ、改名を試みたが……。
10月29日、スウェーデン・マルメにオープンしたのは、そんな珍味を集めた博物館「Disgusting Food Museum」。名前がすごいストレート!
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
世界幸福度ランキングでも、つねに上位に入るスウェーデン。その生活を真似してみたら、私たちの日々の生活も少しは幸せなものになるかもしれません。「MATADO...
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
ここで紹介するのは、スウェーデンで“YES”を意味する言葉。なんでも独特な言い方で、ちょっと難しいのだとか。「シュッ」これがスウェーデン式のYES!これは...