環境先進国スウェーデンに学ぶ「残りもの」最強アレンジレシピ

環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピがあります。“残りものでつくる”おいしい家庭料理をどうぞ。

前日の残りものは、
翌朝においしく片付ける

前日の晩ごはんの残りものを小さく切って、ポテトやソーセージとともに炒め、目玉焼きをのせた「ピッティ・パンナ」。もともとは貧しい農夫の料理だったようですが、残りもの野菜を何でもかんでも入れたりと、家庭向きだったことから(?)、徐々に浸透していったようです。

なかでもトラディショナルなレシピがこちら。

949eac90102b4c9cea4242285a14181a9b76d5bb

〈材料〉
玉ねぎ:1個
じゃがいも:3個
パセリ:適量
ソーセージ:3本
卵:1個
塩こしょう:適量
オリーブオイル:大さじ1

〈つくり方〉
じゃがいも、玉ねぎは皮をむいて1cm角にカット、パセリはみじん切り、ソーセージは1cm幅に切ります。卵は目玉焼きにして用意を。耐熱ボウルにジャガイモを入れてラップしたら、600Wのレンジで3分。

フライパンにオリーブオイル、玉ねぎを入れて中火で透きとおるまで炒めたところで、じゃがいもとソーセージを加えます。塩こしょうで味をととのえ、器に盛りつけ目玉焼きをオン。パセリを散らせばできあがり。

『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
スウェーデンが福祉大国で、しかも平等主義であることは知っていました。だとしても、今回の発表には「まさかここまで…」と驚かされたのと同時に、またひとつ、この...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
世界幸福度ランキングでも、つねに上位に入るスウェーデン。その生活を真似してみたら、私たちの日々の生活も少しは幸せなものになるかもしれません。「MATADO...
ベジタリアン、ヴィーガン、マクロビアンなど、動物を口にしない食生活が、広く受け入れられるようになってきた今の時代。世間の潮流に逆らうようなグラタンを紹介し...
暮らし方ではなく、家そのものもエコにしよう。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
12月の平均日照時間がわずかに6時間半ほどしかない、北欧スウェーデン。そんな自然環境だからこそ、暗闇を快適に過ごす便利グッズのクオリティには、思わず唸って...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ひと袋に何個も入っているじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。使い回しが利く野菜だけに、1個ずつでも料理に使えるのですが、...
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...
ビール消費量世界一の国チェコ。ピルスナービールの発祥国でもあるこの土地には、とにかくビールに合う料理であふれています。そこにチェコ版お好み焼きとでも呼びた...