環境先進国ニュージーランド生まれのエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸!

ニュージーランドから輸入したTシャツや雑貨などを扱うオンラインセレクトショップ「Hararei」は、サステイナブルで地球に優しいエコバック「Zerobag2.0」を7月27日より販売開始した。

このエコバッグは、リサイクルしたペットボトルのみを素材として使用。洗濯機で洗って使えば、5年は使い続けることができ、まさに“地球に優しいエコバッグ”といえそう。

エコバッグ Zerobag2.0 リサイクル ペットボトル ニュージーランド
©Hararei

本体サイズは、レジ袋の(大)とほぼ同じ大きさでありながら、折り畳めばコンパクトになり、バッグやポケットに入れて携帯可能。耐荷重は50kgで、大きな荷物を運ぶアウトドアシーンスポーツなどさまざまなシーンでも活躍する。

また、「Zerobag2.0」の購入代金の一部は、海洋汚染問題に取り組むニュージーランドと日本の団体に寄付。購入することで、社会貢献につながるのも同エコバッグの特色といえるだろう。

レジ袋有料化に伴ってさまざまなエコバッグが販売されるなか、環境保護にもう一歩踏み込んでアクションしたいなら、このバッグを選ぶという選択肢はアリだろう。

エコバッグ Zerobag2.0 リサイクル ペットボトル ニュージーランド
©Hararei
エコバッグ Zerobag2.0 リサイクル ペットボトル ニュージーランド
©Hararei

『Zerobag2.0』
【商品ページ】https://hararei.base.shop/items/31272042

Top image: © Hararei
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
シリーズ累計販売数4万枚を記録した「0.」の最新エコバッグ「Foldyroll bag」が日本上陸。応援購入サービス「Makuake」にて先行販売中だ。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。