ベジタリアンが禁を破ってまで食べたかった「魅惑のグラタン」

ベジタリアン、ヴィーガン、マクロビアンなど、動物を口にしない食生活が、広く受け入れられるようになってきた今の時代。世間の潮流に逆らうようなグラタンを紹介します。

スウェーデンの家庭料理「ヤンソンの誘惑」を知っていますか?

誰もが、この誘惑の前に
敗北の味を知る。
そういうグラタンです。

この料理は生クリームとバターをたっぷり使い、アンチョビを加えた、言わばポテトグラタン。19世紀のスウェーデンに実在したエリク・ヤンソンという宗教家が、ガマンできずにこの料理を食べてしまったことから「ヤンソンの誘惑」の名が付いたんだとか。

ところで彼、何をガマンできなかったのか。答えはアンチョビ。というのも彼、本当は厳格な菜食主義者。にもかかわらず、このグラタンの芳しい香りに負けちゃったわけですよ。でも、誰もヤンソンを責めるわけにはいかないんです。だってこのグラタン、誰が食べてもハマるおいしさなんですから。

<材料:2人分>

・じゃがいも:2個
・玉ねぎ:1/4個
・アンチョビ:6本
・生クリーム:150ml
・牛乳:100ml
・ナツメグ:小さじ1/8
・塩こしょう:適量
・バターA:10g
・バターB:10g
・パン粉:大さじ1 

<つくり方>

薄切りにした玉ねぎを耐熱ボウルに入れて、バターAを加えてふんわりラップをしたら、600Wのレンジで1分半。じゃがいもは千切りにしておきましょう。ふたたび耐熱容器にバターを適量(分量外)を薄く塗り、じゃがいもの半分の量をしいて、玉ねぎ、アンチョビをのせます。その上に残りのじゃがいもを。

鍋に生クリーム、牛乳、ナツメグ、塩こしょうを入れて中火で熱し、ふつふつしてきたら耐熱容器に注ぎ入れます。あとはパン粉をふってバターBを5カ所に分けてのせ、200℃に予熱したオープンで表面がキツネ色になるまで30分ほど焼いてできあがり。

他の記事を見る
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
生のままでも十分美味しいアボカド。でも、火を通すことでトロトロの食感が引き立つんですよね。ピザや天ぷら、さらに熱々クリーミーなアボカドを楽しむには、なんと...
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
「フレキシタリアン」ってご存知ですか?フレキシブル(柔軟性がある)とベジタリアン(菜食主義者)をかけ合わせた造語で、基本はベジタリアンだけど、ときどき肉や...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
菜食主義[さいしょくしゅぎ]とは。ひとことで菜食主義やベジタリアンと言っても幅広く、乳製品や魚介ならOKというタイプから、かつお出汁やハチミツ、革製品を身...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
コーチェラ・フェスティバル2018で伝説のパフォーマンスを見せたビヨンセ。その裏側では、こんなプロジェクトが進んでいたらしい...。
お肉だけではなく、卵や乳製品、はちみつなどの動物由来の食べ物を一切控える「Vegan(ヴィーガン)」は、日本で実践しようと思うとなかなか難しそうですが、そ...