ベジタリアンが禁を破ってまで食べたかった「魅惑のグラタン」

ベジタリアン、ヴィーガン、マクロビアンなど、動物を口にしない食生活が、広く受け入れられるようになってきた今の時代。世間の潮流に逆らうようなグラタンを紹介します。

スウェーデンの家庭料理「ヤンソンの誘惑」を知っていますか?

誰もが、この誘惑の前に
敗北の味を知る。
そういうグラタンです。

591692080c84a5955cc1e6ee9f27194461e4d565

この料理は生クリームとバターをたっぷり使い、アンチョビを加えた、言わばポテトグラタン。19世紀のスウェーデンに実在したエリク・ヤンソンという宗教家が、ガマンできずにこの料理を食べてしまったことから「ヤンソンの誘惑」の名が付いたんだとか。

ところで彼、何をガマンできなかったのか。答えはアンチョビ。というのも彼、本当は厳格な菜食主義者。にもかかわらず、このグラタンの芳しい香りに負けちゃったわけですよ。でも、誰もヤンソンを責めるわけにはいかないんです。だってこのグラタン、誰が食べてもハマるおいしさなんですから。

<材料:2人分>

・じゃがいも:2個
・玉ねぎ:1/4個
・アンチョビ:6本
・生クリーム:150ml
・牛乳:100ml
・ナツメグ:小さじ1/8
・塩こしょう:適量
・バターA:10g
・バターB:10g
・パン粉:大さじ1 

<つくり方>

薄切りにした玉ねぎを耐熱ボウルに入れて、バターAを加えてふんわりラップをしたら、600Wのレンジで1分半。じゃがいもは千切りにしておきましょう。ふたたび耐熱容器にバターを適量(分量外)を薄く塗り、じゃがいもの半分の量をしいて、玉ねぎ、アンチョビをのせます。その上に残りのじゃがいもを。

鍋に生クリーム、牛乳、ナツメグ、塩こしょうを入れて中火で熱し、ふつふつしてきたら耐熱容器に注ぎ入れます。あとはパン粉をふってバターBを5カ所に分けてのせ、200℃に予熱したオープンで表面がキツネ色になるまで30分ほど焼いてできあがり。

ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
生のままでも十分美味しいアボカド。でも、火を通すことでトロトロの食感が引き立つんですよね。ピザや天ぷら、さらに熱々クリーミーなアボカドを楽しむには、なんと...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
菜食主義[さいしょくしゅぎ]とは。ひとことで菜食主義やベジタリアンと言っても幅広く、乳製品や魚介ならOKというタイプから、かつお出汁やハチミツ、革製品を身...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
The Field Roast Grain Meat社が販売している「CHAO SLICES」は、とろける様子も完全に普通のチーズそのもの。だけどヴィーガ...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
特に何かめでたいことがあったわけじゃないんですが、この赤飯は食べたくなります。
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
ヘルシーフードとしても注目され、「日本のことはあまり知らないけど、スシは好き」なんていう海外の人もいたり。その土地の人の口に合うように大幅アレンジされたも...