自由を奪われた奴隷たちが、自由にクリエイションした料理

トマト、オリーブ、鶏肉などを炒めた上にチーズをのせてオーブンで焼き上げる…こうつくり方だけ聞くと、南欧料理を想像してしまう。けれどこれはベネズエラ沖合のカリブ海に浮かぶ小さな島、アルバ島の郷土料理。なんでも奴隷となった人たちが考案したレシピだとか。

92a51cd9b49da2f2db68b15fc279cef6e410fb55

400年以上前、アルバ島はじめカリブ海の周辺諸島は、オランダに占領されていました。遠く離れたオランダから連れてこられた奴隷たちがカリブの島々で暮らしていたようです。

この「ケシ・イェナ」は、奴隷たちに与えられた残りもののチーズをアレンジした料理が原型だと言われています。やがてそれが少しずつ洗練されていき、現在のケシ・イェナに。本来はエダムチーズを使った料理ですが、ゴーダチーズとも相性◎。

〈材料〉
鶏むね肉:1枚
にんにく:1かけ
玉ねぎ:1/2個
ピーマン:1個
たまご:1個ゴーダチーズ:100g
オリーブオイル:大さじ1
塩こしょう:適量

A トマト水煮缶:1缶(400g)
A 輪切り唐辛子:小さじ1/2
A オリーブの実:6粒

 〈つくり方〉

にんにく、玉ねぎ、ピーマンをみじん切り、鶏むね肉はすこし塩をすり込んでからひと口サイズのそぎ切りに。フライパンにオリーブオイルとカットした野菜を入れ、玉ねぎが透きとおるまで中火で炒めます。さらに鶏むね肉とAを加え、水気がなくなるまで煮たら、塩こしょうで味をととのえましょう。耐熱容器に移し、溶いた卵をまわしかけたら、スライスしたゴーダチーズを散らし、200℃に予熱したオーブンで30分焼いてできあがり。

1864年、アメリカではそれまで奴隷として扱われていた黒人たちが、リンカーンの奴隷解放宣言により長年の奴隷生活から解放され、自由を手にしました。ショーン・...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。