すっぱウマい!「ピクルススープ」がクセになる

極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け汁!?

ピクルスの“漬け汁”が
まさかのマッチング

D0eb5a87e414069c570381ce6918708b6e7268e5

 この不思議なスープ「サリャンカ」は、トマトベースのスープに大胆にもピクルスを漬け汁ごとドボドボ加えて酸味をつけたもの。本当においしいの?と、疑うのも無理はありません。でも、ロシアでは16世紀ごろから食卓に登場するほどの、長い歴史を持つ料理。

それだけに食べ方も幅広く、具材の内容やピクルスの種類は各家庭によって、ちょっとずつ違うようですよ。

〈材料:2人分〉

・きゅうりのピクルス:40g
・ソーセージ:2本
・玉ねぎ:1/4個
・トマト:1個
・サラダ油:大さじ1/2
・水:600ml
・鶏ガラスープの素:小さじ1
・トマトケチャップ:大さじ1
・ブラックオリーブ:6粒
・ピクルスの漬け汁:大さじ2
・塩コショウ:適量
・レモン(輪切り):2枚
・サワークリーム:適量

〈つくり方〉

玉ねぎは粗みじん切り、ピクルス、ソーセージは3ミリ幅の輪切りにします。トマトは一口サイズに。

鍋にサラダ油を引いて中火で熱し、玉ねぎを透き通るまで炒めたら、ピクルス、ソーセージ、トマトを加えてさっと炒め、水、鶏ガラスープの素、トマトケチャップ、ブラックオリーブを加えて弱火で10分煮ていきます。

ここでピクルスの漬け汁登場。塩コショウとともに入れて味を調えます。器に盛りレモンを乗せて、サワークリームを添えれば完成です。

まさかのマッチングを楽しんでみては?

ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
東南アジア、アフリカ、そして南米、ピーナッツを使ったスープって意外と多いんですよね。寒い季節だからこそ美味しい、ピーナッツのポタージュを試してみませんか?...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
くわいの生産量日本一の広島県福山市の「くわいぽたーじゅスープ」を紹介する。くわいは普段はなかなか市場に出回らず、身から芽が伸びている形から縁起物としておせ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
温暖な気候でフルーツやオリーブがたくさん採れて、というイメージのスペイン。ですがガリシア地方はその限りではありません。北部に位置するこのあたりは、山に囲ま...
ねっとりネバネバの食感がおいしい長芋。秋が旬の食材というイメージがあるでしょうが、じつは春もおいしい時季を迎えています。東北地方では、秋から冬にかけて収穫...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
冷製スープが美味しいこの季節。不動の人気ヴィシソワーズですが、フランス発祥と思い込んでいる人が意外と多いんですよね。このスープを開発したのはアメリカ在住の...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。