名前よりも「つくり方」を覚えて欲しいスープです

ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られています。

たとえばヨーグルトを使ったこのスープ、ほうれん草も加わり、ほんのりとした酸味がやさしくて、朝食にもぴったり。

65013c47026cdb1de92951096b49f9ce6f6b68ae

さて、まずはこのスープの名前から紹介したいと思います。トルコ語で「ヨーウルトゥルウスパナクチョルバス」、もういつ舌を噛んでもおかしくない、一度聞いただけでは頭に入るどころか、マネもできそうにないネーミングなんです。

〈材料〉

・ほうれん草:1束(100g)
・にんにく:1かけ
・玉ねぎ:1/4個
・オリーブオイル:大さじ2
・ヨーグルト:200g
・水:100ml
・塩コショウ:適量

〈つくり方〉

ほうれん草を茹でてみじん切りにします。にんにく、玉ねぎも同じようにみじん切り。次にフライパンにオリーブオイル、にんにく、玉ねぎを入れて中火で熱し、透き通ったらほうれん草を加えてさっと炒めます。 

ヨーグルト、水を加え、塩コショウで味を調えたら器に盛り、オリーブオイルを適量たらして完成です。

ちゃんと理にかなっている
ヨーグルト&ほうれん草

さすがは三大料理のひとつ、というほど大げさなものではありませんが、これがきちんと理にかなった食べ合わせということにも注目。

ほうれん草に含まれる鉄は、貧血や肌のくすみ予防に役立つ栄養素…なのですが、植物性の鉄分は、体に吸収されにくいのが正直なところ。そこでヨーグルトに注目。ヨーグルトの動物性たんぱく質といっしょにとることで、吸収効率のアップが期待できるという訳です。

人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
炭鉱夫たちが採掘に入る前、壺に材料を放り込んで火にかけておく。それがお昼になるとすっかり火が通ってやわらかく。そういう労働者の食事として誕生したスープだそ...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
東南アジア、アフリカ、そして南米、ピーナッツを使ったスープって意外と多いんですよね。寒い季節だからこそ美味しい、ピーナッツのポタージュを試してみませんか?...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
牛乳を発酵させたヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌よりも、豆乳で作るヨーグルトでできる植物性乳酸菌のほうが整腸効果が高いと、管理栄養士さん。低コストで毎日続...
温暖な気候でフルーツやオリーブがたくさん採れて、というイメージのスペイン。ですがガリシア地方はその限りではありません。北部に位置するこのあたりは、山に囲ま...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
ねっとりネバネバの食感がおいしい長芋。秋が旬の食材というイメージがあるでしょうが、じつは春もおいしい時季を迎えています。東北地方では、秋から冬にかけて収穫...
 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...