夏バテが続く人へ。トルコ人から学ぶ疲労回復「サラダ仕立ての冷たいスープ」

人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使ったトルコの伝統料理。ひんやりサラダ感覚でどうぞ!

ヨーグルトとキュウリの
さっぱりスープ

ヨーグルトベースのスープにキュウリとニンニクを加えてつくる「ジャジュック」は、トルコの夏の定番料理。さっぱり清涼感があふれる、サラダとスープの中間、“スープ風サラダ”といった感覚。

夏の疲れを回復してくれるタンパク質や、アリシンなどの栄養素がたっぷり。本場トルコではお酒を飲む前、胃の粘膜を保護するために食べる人も多いそう。つくり方はいたって簡単。

カットして材料を混ぜるだけ

まずはニンニク1/2かけをすりおろし、キュウリ1/2はみじん切りにしてボウルの中へ。そこにプレーンヨーグルト100gと塩をひとつまみ加えたら、よく混ぜて器に盛り付け、最後にオリーブオイルをひと回し。これだけ。

塩気のあるヨーグルトとパンチのきいたニンニクの組み合わせが相性抜群。食欲のない日でもスルスルいけちゃいますよ。

管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
11月12日、「YouTube」が2020年の「YouTube Rewind」の公開を中止すると発表した。これはその1年で話題となった動画を中心に構成され...
JR東京駅構内にあるイベントスペース「スクエア ゼロ」で、多様な昆虫食が楽しめるグルメイベント「虫グルメフェス Vol.0」が開催。昆虫を使ったさまざまな...
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
冷え込んだ朝に飲みたくなるものといえば、温かい「スープ」。おうちで簡単に作れる一味変わったスープレシピを5つご紹介したいと思います。