パンにディップして食べる「なすのサラダ」

なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外と感じる人が多いはず。

トルコの代表的な家庭料理「パトルジャンサラタス」、直訳すれば「なすのサラダ」ですが、食べ方はサラダのそれとはまったくの別モノ。

Ac617c08315492d7dba2fd0b7d2f5aebc0515eae

なぜなら、これはサラダであってサラダでない。なすをペースト状にしたものだから。焼きなすを作って、冷ましたら皮をむいてフォークで潰した後に、にんにくやオリーブオイル、レモン汁などで味をつけていきます。

パンにディップして食す、クリーミーな口当たりが病みつきの美味しさ。満足感がありながらローカロリーな女性におすすめしたい一品です。

〈材料〉

・プレーンヨーグルト:80g
・なす:3本
・玉ねぎ:1/4個
・おろしにんにく:1かけ分
・酢:小さじ2
・パセリ:適量
・砂糖:大さじ1/2
・レモン汁:大さじ1/2
・塩コショウ:適量
・サラダ油:大さじ1

〈つくり方のポイント〉

皮が焦げるまでしっかり焼いたなすの皮をむいておきます。みじん切りにした玉ねぎを透き通るまで炒めたら、ボウルにパセリ以外のすべての材料を入れて、あとは滑らかになるまで混ぜ合わせる。これだけ。器に盛ったら、パセリを散らして完成です。

ひよこ豆のペースト「フムス」とともにいかがでしょう。

人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
フランスの「キャロット・ラペ」といえば、フランス風にんじんの千切りサラダ。これと瓜二つのものがスペインにもあります。こちらは「エンサラダ・デ・サナオリア」...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
まるで結婚式の花束のような「ブーケサラダ」。その可愛すぎる見た目から、パーティやお祝いごとにもぴったりと、SNSでも評判なんです。しかもむずかしそうに見え...
毎日バランスよく栄養をとりたい──。こう思っている人ほど、ランチ時にサラダを“ドカ食い”していたりします。コンビニサラダでも、レストランでも。だけど、結局...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
食べ残ったパンが固くなってしまったときの、おいしい再利用法に「パンツァネッラ」や「チロラー・グルストゥル」がありますが、パン食がメインの国にはどこも同じよ...
乾燥して固くなってしまったバゲットをどうするべきか、こんな検索をした経験ありませんか。イタリアの家庭料理から、固くなったパンのステキな活用術を紹介します。...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
鍋の具材に、炒め物に、ナムルに、フォーのトッピングに。大活躍の「もやし」ですが、意外にありそうでないのが、もやしのサラダ使いでは?ここに紹介するのは、南米...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
ヘルシー志向でがぜん注目度が増した「フムス」は、中東文化圏のソウルフード。カフェやレストランでは注文しても、これを自宅でつくるイメージは浮かばない、という...