「にんじんのサラダ」を前菜に食べることのメリット

フランスの「キャロット・ラペ」といえば、フランス風にんじんの千切りサラダ。これと瓜二つのものがスペインにもあります。こちらは「エンサラダ・デ・サナオリア」。ニンニク風味で、地元では食事のスターターとして食べることが多いそう。

にんじん&ニンニクが
前菜にいい理由

C478b1169da34d85377ac62cec515427b7876409

地元スペインのバルでは、前菜として定番のこのサラダ。ニンニクを使うことで食欲増進効果も期待できるうえ、にんじんの持つ食物繊維によって、食事による血糖値の上昇を穏やかにしてくれる効果があるんだそう。

もしかしたら、スペイン人の食文化にこうした知恵が生かされているのかもしれませんね。ディナーのスタートを、エンサラダ・デ・サナオリアから始めていてはいかがでしょう。

<材料:3〜4人分>
・にんじん:2本
・ニンニク:1/2片
・オリーブオイル:大さじ1
・酢:大さじ1
・塩コショウ:適量
・砂糖:適量
・レーズン:15g

まずはにんじんを千切りにしていきます。ボウルにオリーブオイル、酢、塩コショウ、砂糖、すりおろしたニンニクを加えてよく混ぜドレッシングをつくります。そこに千切りにしたにんじんとレーズンを入れてドレッシングと和え、おさらに盛り付けて完成です。

タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
突然ですが、「にんじん」の色と聞いて、オレンジ以外を想像することができますか?実のところ、最近では写真のような茶色や紫色のにんじんも市場に出回るようになっ...
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
イタリア、スペイン、南仏、地中海沿岸部で親しまれているアリオリソースは、オリーブオイルでつくったマヨネーズにニンニクの風味をつけたもの。これを覚えておけば...
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!