きぶん爽快!地中海風「タコ」の春サラダ

タコ料理が豊富なスペインで「ガリシア風」といえば、茹でたタコにオリーブオイルとパプリカをかけた、定番タパスのあれ。

ですがSasa and Janが紹介するこのレシピは、爽やかな春のそよ風によく合う、さっぱりタコのサラダ(というかマリネ)。汗ばむ季節にぴったりです。「Food52」よりどうぞ!

驚くほどやわらか〜い
地中海風タコサラダ

5844139115544576
Photo by Linda Xiao

さっぱりしていてライトなこのサラダ。新鮮なタコと以下の具材を用いて、今まで食べたことのないような最高なタコの味と食感に出会ってください。

このサラダがしっくりくるのは、タコが育つ環境で採れる地物食材で統一するところ。ちなみにイタリアでは、できるだけタコを柔らかくする方法として、お湯とともにワインのコルクを浮かべるなんて話も。タコは1kgか2kgの大ぶりなものを買うのがおすすめ。あるいはタコの足だけでもOKです。

材料:4人分

<タコ>

新鮮なタコ(タコとんびは外す):1kg
ベイリーフ:2枚
にんにく:3片
粒コショウ:適量
塩:適量

<サラダ>

細かく刻んだパセリ:1束
細かく刻んだ玉ねぎ:1個(新玉ねぎかリーキの葉っぱでもOK)
レモン果汁:適量
エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル:大さじ1
塩こしょう:適量

作り方

<タコの下準備>

【1】大きな鍋にお湯を沸かす。材料をすべて入れてフタをして、タコが柔らかくなるまで1時間を目安に茹でていく。このとき火を通しすぎないよう気をつけること。確認するには、トングでタコの足を持ち上げて、ぽろっと吸盤が取れるようならば十分に火が通っている証拠。

【2】ベイリーフ、ペッパーコーン、にんにくはお湯に入れたまま、その他の具材を取り出す。タコは冷水でしっかりすすぐ。足を1本ずつ切り取り、吸盤と皮を剥がす。十分に柔らかくなっているはずなので、さいの目状にカット。サイズはそこまで気にしなくて大丈夫だけど、1センチ角が目安。

<サラダ>

ボウルにタコを入れ、パセリ、玉ねぎ、レモン果汁をしぼり、そこにオリーブオイルを垂らして、塩こしょうで味付け。よく混ぜたらラップして1時間ほど冷蔵庫で寝かせる。冷えた状態でサーヴがベストだけど、冷蔵庫から出した直後は避けましょう。

Written bySasa and Jan
Licensed material used with permission by Food52
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!