彩り野菜と黒米の美人サラダ

古来、中国で黒米は王室など非常に限られた人のみが口にできる食べ物。どうやら健康効果や長寿が期待できるとあって、身分の高い人たちに珍重されていたようです。

こうした歴史的背景を継承してか、今も英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれています。これをふんだんに用いたサラダが今回の主役。「Food52」よりAsha Loupyさんに紹介してもらいましょう。

6344862509039616
Photo by Bobbi Lin

ランチにも軽めのディナーにもちょうどいい、新鮮で色鮮やかなサラダはいかがでしょう。

ポイントはドレッシングです。ライムと濃厚なココナッツミルク、魚醤、スパイシーなチリ、さらにはハーブとの相性も抜群。生春巻きやチキンソテー、レタスカップのソースとしても最適。ただし、中毒性があるので要注意ですけどね。

<ココナッツライムドレッシング>

【材料(2人分)】

ライム汁:1/4カップ
魚醤:大さじ2と1/2
ココナッツミルク:1/3カップ
ブラウンシュガー:大さじ1
ライムの皮:大さじ1〜2
レモングラス:大さじ2(みじん切り)
青唐辛子:1/2個(種を抜き取り、みじん切りにします)
にんにく:1片(みじん切り)
パクチー:大さじ2(みじん切り)
フレッシュミント:大さじ1(みじん切り)

<サラダボウルのトッピング>

【材料(2人分)】
黒米:1と1/2カップ
鶏むね肉:285グラム(茹でたものを食べやすく切り裂いておく)
ペルシャきゅうり:2つ(サイの目カット)
大根:4本(薄くスライス)
赤キャベツ:1/2カップ
にんじん:中位のサイズのものを一本(皮を剥いて、細かく刻んでおく)
スナップエンドウ:1カップ(薄く切る)
パクチー:1/4カップ
フレッシュミント:1/4カップ

6031228427829248
Photo by Asha Loupy

<作りかた>

【1】
小さなボウルの中にライムジュース、魚醤、ココナッツミルク、ブラウンシュガーを入れます。ブラウンシュガーが完全に溶けるまでかき混ぜたら、その他の具材を投入して混ぜます。

【2】
黒米を均等にふたつのボウルに装います。トッピングは半分に分けて、それぞれ穀米の上に乗せましょう。お好みの量のドレッシングをかけたら完成。あとは楽しむだけ!

Written byAsha Loupy
Licensed material used with permission by Food52
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...