ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています

5月20日(金)に東京・神楽坂にオープンしたばかりの「WithGreen」は、その日の気分や体調に合わせて野菜や肉、玄米、トッピングやドレッシングなど全てを自分好みにセレクトできるサラダボウル専門店。創業者である武文智洋さんが、ニューヨーク・ウォール街で勤務していた時に出会ったアメリカのサラダ文化をアレンジし、ヘルシーで美味しい日本独自のサラダボウルを提供してくれるのだそう。

それでは早速、オーダー方法を紹介!

【ステップ1】
ベースのサイズを選ぶ

Ec708410da9cfd837c0ed7765baed4a0b1cc2fe8

まずは、Sサイズ(680円)もしくはMサイズ(780円)を選択。ベースには、グリーンリーフ、ベビーリーフ、紫キャベツが含まれています。

【ステップ2】
トッピングを4つ選ぶ

743009953afbdd130e9390bf5ac4379575c76f41

トマト、コーン、人参、きゅうり、オニオン、レッドオニオン、かぼちゃ、れんこん、もやしナムル、りんご、玄米、豆腐から4つ、好きなものをどうぞ。(※トッピングの追加は+50円)

【ステップ3】
ドレッシングを選ぶ

2f71aa2792c02a510ad5ab3c35970aadd999d296

柚子しょうゆ、ごま塩、イタリアンなど計10種類から。

【ステップ4】
大きなボールでミックス

77a4466bdb95a4de3c80319dd17dec99be8a5611

大きなボールに入れた後、ドレッシングをかけて一気にミックス。少量のドレッシングでも、野菜全てに味が行き渡り、美味しさが最後まで続くのだとか。

【ステップ5】
完成!

0aead95757c2ace3b163c783fa6ed0d1e7bb25ff

あなただけのサラダボウルを、店内やオフィス、家庭で楽しんで!

キーワードは、
「FARM TO BOWL」

1c86e26927f34451117b6fd4e5c7456bb65d1ad2

さてさてまずは商品を紹介しましたが、実はこの「WithGreen」、特徴的な理念を掲げているのです。キーワードは「FARM TO BOWL」。昨年ごろからよく耳にするチョコレートのトレンド「BEAN TO BAR」の“サラダ版”とも言えるかもしれません。

Dc61bc5c2891cac18031c29c4bb445148418f2f18197a8b05f43e8747dc01df5ccc7b3d83131c35d

サラダボウルに使用されるのは、選りすぐりの農家と直接契約した新鮮な野菜のみ。店舗のオープン直前には、社員全員が契約農家を訪問し、レタスやレンコン、トマトの収穫体験、田植えをおこなってきたのだとか。

さらに、社員だけでなく顧客も一緒に楽しめるような「食育活動」にも積極的。その食べ物がどのような種から育ってきたのか、農家がどのような想いで育ててきたのか──そういった物語を感じられる場所を、店舗内やホームページに設けています。

D517df473b4cbdab87969f1dfdd9e5410d900d2c66436f497c4522d66a5e56b7a2f29b94d4790a70

単なる飲食店にとどまることなく、「重飲食中心の日本の外食をヘルシーなものに変えること」を目標としている彼ら。サラダボウルの味はもちろんのこと、その壮大な挑戦の行方にも注目したいところです。

73be4bd372a12ad1dfcb9b5b2dd92aa543340ab4

【店舗概要】
WithGreen 神楽坂店
・住所:東京都新宿区神楽坂3-2 桐信エステートビル2階(神楽坂通り沿い)
・TEL:03-5579-2905
・営業時間:月-土 11:00〜22:00 /日・祝 11:00〜20:00

Licensed material used with permission by withgreen
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
サラダって、いざ作ろうと思うと意外に面倒ですよね。色どりのことも考えたら、何種類もの野菜を洗っては切り、洗っては切り…。そんな悩みを一発で解決し、たったの...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。