アメリカ「人種のサラダボウル」の現実。

昔、学校で「人種のサラダボウル」という言葉を聞いたことがある。その時に見たイラストには、大きなボウルの中で笑顔を浮かべる、白人、黒人、アジア人などの子どもがいた。

大人になったいま、私が理解したことといえば、人種が多様な国においてみんながハッピーになれるわけではなく、ルーツが違うからこその問題が山積しているという事実。そしてそれは、多くの場合、とても根深い。

差別の経験について
「心を裸」にして語る

C768ea14c70f184a43a74d70d89315a06ee596e6

「いとこの娘が、ある日学校から帰ってきてこう言ったんです。『ママ、白人のクラスメートが私のことをサル呼ばわりしてきたの。私はサルじゃない。人間よ!』って」

9f0d3098d100aefa20842982c12326543a723146

「以前、朝9時半から始まるヨガ教室へ通っていました。レッスンに来ていた人は全員が白人。初めて教室に入った時、彼女たちは私を見てこう言ったんですよ。『あら、旦那さんは何のお仕事をされているんですか?どうしたら平日の朝9時半にレッスンに来れるの?』と。私が白人だったなら、きっとそんな質問は聞いてこなかったはず」

9dff85aa2f79548b2f7050eb3241e8b2576ebf81

「警察ってだけで悩みね。理由は、何かあっても十分に対応してなんてもらえないから。それはどうしてかって?警察だからよ。もし、仮に小突いてしまったりなんかしたら、きっと殺されるわ

B33fbdf8fe79566e01c7c121c47c726b005f40f3

「『肌の色は気にしない』なんて口だけ、そんなの嘘。ちゃんと真実と向き合うべきよ。私たちは白人と同じではないの。まったく別々の経験をしてきているんだから

B283036cfb1a2379f2a4fd9a8e4cc60b97d9ca9f

「どうしていくべきか、それは現実から逃げることだと思う。でも、私はもう逃げたくはない。私たちは人種差別が日常化してる、アメリカで生きているんだから。この問題についてきっちり話し合うことね

服を脱ぎ捨てて見せる
「本当の自分」

この映像は「本当の自分は服の下にある」と訴える人気シリーズ「StyleLikeU」が制作したもの。動画の中の出演者はそれぞれ、人種差別に関するこれまでの経験を語りながら、徐々に服を脱いでいく。心も身体も裸になってもらおうという意図。

彼女たちはみな、どことなく覚悟を決めたような真剣な目をして、普段は大っぴらに話さないだろう心の内を見せている。アメリカ社会に巣喰う「現実」が、言葉になり伝わってくる。

Licensed material used with permission by StyleLikeU
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
白人至上主義を掲げる「オルタナ右翼」を支持する男性と「ブラック・ライブズ・マター」ムーブメントを支持する女性。一見、意見が合うことがなさそうな印象の2人だ...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
アメリカでは、2月は「黒人歴史月間」に制定されています。毎年、アフリカ系アメリカ人が成し遂げた偉業を振り返ったり、彼らがアメリカの歴史に与えた影響を称えた...