アメリカ「人種のサラダボウル」の現実。

昔、学校で「人種のサラダボウル」という言葉を聞いたことがある。その時に見たイラストには、大きなボウルの中で笑顔を浮かべる、白人、黒人、アジア人などの子どもがいた。

大人になったいま、私が理解したことといえば、人種が多様な国においてみんながハッピーになれるわけではなく、ルーツが違うからこその問題が山積しているという事実。そしてそれは、多くの場合、とても根深い。

差別の経験について
「心を裸」にして語る

「いとこの娘が、ある日学校から帰ってきてこう言ったんです。『ママ、白人のクラスメートが私のことをサル呼ばわりしてきたの。私はサルじゃない。人間よ!』って」

「以前、朝9時半から始まるヨガ教室へ通っていました。レッスンに来ていた人は全員が白人。初めて教室に入った時、彼女たちは私を見てこう言ったんですよ。『あら、旦那さんは何のお仕事をされているんですか?どうしたら平日の朝9時半にレッスンに来れるの?』と。私が白人だったなら、きっとそんな質問は聞いてこなかったはず」

「警察ってだけで悩みね。理由は、何かあっても十分に対応してなんてもらえないから。それはどうしてかって?警察だからよ。もし、仮に小突いてしまったりなんかしたら、きっと殺されるわ

「『肌の色は気にしない』なんて口だけ、そんなの嘘。ちゃんと真実と向き合うべきよ。私たちは白人と同じではないの。まったく別々の経験をしてきているんだから

「どうしていくべきか、それは現実から逃げることだと思う。でも、私はもう逃げたくはない。私たちは人種差別が日常化してる、アメリカで生きているんだから。この問題についてきっちり話し合うことね

服を脱ぎ捨てて見せる
「本当の自分」

この映像は「本当の自分は服の下にある」と訴える人気シリーズ「StyleLikeU」が制作したもの。動画の中の出演者はそれぞれ、人種差別に関するこれまでの経験を語りながら、徐々に服を脱いでいく。心も身体も裸になってもらおうという意図。

彼女たちはみな、どことなく覚悟を決めたような真剣な目をして、普段は大っぴらに話さないだろう心の内を見せている。アメリカ社会に巣喰う「現実」が、言葉になり伝わってくる。

Licensed material used with permission by StyleLikeU

関連する記事

大人気キャラクター「Barbie(バービー)」のYouTubeチャンネルに、黒人の友人Nikkiが登場。彼女の差別の体験談を聞き「人種を理由に差別されるの...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...
10月8日、アメリカ発の世界最大の口コミサービスと呼ばれる「Yelp」が、ユーザーに向けて人種差別を警告する機能の実装を発表した。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
「アディダス」は、世界中で広がる「Black Lives Matter(黒人の命は大事)」運動を受けて、6月9日に声明を発表。黒人を含む有色人種の地位の向...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...