アメリカ反人種差別デモの起源。彼らは声を上げることなく無言で訴えた。

しばしば報道されるアメリカの人種差別問題。解決策を見出すことは簡単ではありませんが、デモを行うことで多くの人に不公平さを訴えることはできます。

2017年は、60年代の公民権運動や今日のBlack Lives Matterの原型ともいえる、最初の反人種差別デモから、ちょうど100年目に当たるそう。そこで、ライターEmily Beckerは、この運動にまつわる5つの大切なことを教えてくれます。

当時の彼らは、声をあげることなく無言で歩くことで、人種差別に異議を唱えたそう。

01.
撲殺された仲間たちのために
多くの人が立ち上がる

The Silent Protest Paradeは人種差別を訴える、アメリカでの最初のデモですが、その発端はイリノイ州イーストセントルイスで起きた事件にあります。

当時、街に暮らす白人の集団は、アフリカ系アメリカ人を見つけてはリンチをし、ひどいときには焼き殺すこともありました。記録には39人が被害にあったとありますが、歴史学者は少なくとも200人が殺害されたとみています。

この事実を知ったある男性が、ニューヨークのハーレム地区の黒人コミュニティーにデモを起こすことを提案し実現したようです。

02.
デモを目撃した人は
涙を流していた

最終的には約2万人が列を作り、道路を埋め尽くしました。また、ニューヨーク市警察は、暴動が起きた際にすぐに出動できる体制になっていたとのこと。

アクティビストJohnsonは、この日はたくさんの不思議な経験をしたと伝記に書き、さらに「1番驚いたのはデモを目の当たりにした人が涙を流していたこと」と綴っています。

03.
「お前たちの手には
血がこびりついている」

デモと言えば、メッセージ性の強いプラカード。彼らも同じことを100年前にやっています。

「お前たちの手には血がこびりついている」や「人種差別は盲目から始まり、リンチを正当化する」などが書かれたものを持ち歩いていたそう。

04.
「悲しみ」と「純粋さ」を
洋服で表現

パレードを先導した男性たちは黒い衣装、女性と子どもは白い衣装を着ていました。Miami Heraldによると、これらの色は「仲間に対する悲しみ」と「何もしていない純粋さ」を表していたそう。

05.
何も声を上げないことが
多くの人の心を動かした

デモに参加した人は声をあげることなく無言でした。この事実がかえって、社会に大きな影響を与えたのです。

アフリカ系アメリカ人の歴史を研究する教授のChad Williamsは、「このデモの強みは、何も声をあげないことで黒人に対するステレオタイプを覆したことだ」と言います。また、「彼らの行動は多くの人の心を動かし、黒人コミュニティーに対する肯定的な意見を生み出すことになった」と語ります。

Licensed material used with permission by A Plus
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
白人至上主義を掲げる「オルタナ右翼」を支持する男性と「ブラック・ライブズ・マター」ムーブメントを支持する女性。一見、意見が合うことがなさそうな印象の2人だ...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
ミレニアル世代から人気を集めているデートアプリ「Tinder」。その料金制度が年齢差別的であるとして訴えられました。そして、裁判所はジョークを交えつつ、「...
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...