「私はレイシストよ」。視覚障害者たちが語る人種差別。

「目が見えない人は、中身だけで人を判断するはず」という考え方、結構よく聞くように思う。じゃあ肌の色が見られないんだから、人種差別もするはずはない?

Cut」のインタビュー動画によると、どうやらそうでもないみたい。普段はなかなか聞きづらい、彼らの本音に触れてみよう。

目が見えないんだから
人種差別しないよね?

いいえ、私はレイシストよ。

全ての白人はレイシストだと思う。私はその中の一人だし、奴隷制度とレイシズムによって築かれた資本主義で得しているしね。

差別はしてないと信じたいけど、ある程度の偏見は持ってるよ。みんなと同じように。

僕はレイシズムを体験したし、そういう要素もあると思う。でも気にしようとは思わないね。人種が僕に影響を与えることを許してしまったら、レイシストに優位を与えることになると思うんだ。

差別はしないわ。だって見えないんだもの。しようがない。

声や訛りに注目しない限りは、相手の人種を決める手がかりがないからなぁ。でも耳からの情報でその人の人種を予想することはあるよ。

肌の色は見えなくても
耳からの情報で?

訛りはわかるから、時々それで人種を予想したりするかな。そんなこと、考えもつかないのが本当は一番いいんだけどね。でも分類せずにはいられないんだ。

例えば攻撃的で、スラングが多くて、下品な物言いをしている人だと、何の気なしに時々、本当に自然に、「この人たちは黒人なのかなって、話し方と人種を結びつけちゃうことがある。

こんなこと考えるべきじゃないのはわかっているんだけど、世界にあるステレオタイプが根付いちゃっているんだ。

喋り方に注目しがちかな。それで判断しても、完全に間違っているかもしれないけど。だって本当に見ることはできないし。

例えば僕は日本人と仕事をしているんだけど、彼女が自分から言い出すまで、全く気づかなかったんだ。

私は話し方で人種の予想なんて出来ないわ。今インタビューしてるあなたの人種だって、わからない…。見えないんだもの。

日常で、君は白人?黒人?なんて聞く必要はないわけだし、聞いたらおかしいだろ?とはいえ、白人も黒人もメキシコ人も、何であろうと、まあ多かれ少なかれ予想はするよ。声とか、訛りとかで…。

でも目が見えない人と交流してて、半年や一年経っても僕のことを黒人だとわかる人はいなかった、って経験もしたことがあるな。

皮肉なことに、その相手も黒人だったんだけどさ。お互い分からなかったんだ。「キミ、黒人なの!?」「うんそうだよ…えっ、キミも!?」って。

私たち、視覚障害者のコミュニティの中にもレイシズムはあると信じてる。だって人種差別はそこらじゅうにあるもの。人種の判断に繋がる材料は、なにも肌の色だけじゃない。

同じ社会にいる以上、目の見えない人たちも例外なくその影響を受けるわ。

差別はどこからくるのか。

情報が入ってくる限り、無意識のうちに、根拠のない分類をせずにはいられない。この告白にドキッとした人も多いはず。

こうしてみると、もはや人種差別は個人が自分の意思で「する」・「しない」を決められるものではないようにも思えてくる。それよりももっと深いレベルで「刷り込まれている」ものなのかもしれない。

Licensed material used with permission by Cut(HP), (YouTube), (Facebook), (Twitter)
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
視覚障害を抱えるスケーターJustin Bishopさんがトリックを決められるように、イノベーションラボ「Not Impossible Labs」とオンラ...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
「アディダス」は、世界中で広がる「Black Lives Matter(黒人の命は大事)」運動を受けて、6月9日に声明を発表。黒人を含む有色人種の地位の向...
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
飼育費や犬アレルギーのため飼いたくても飼えない人のために生まれた「Theia」。片手で持てるデバイスで、ユーザーの手を行き先の方向に動かし道案内をしてくれ...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
米国時間8日、「IBM」のCEOであるArvind Krishna氏が「人種平等改革に関する連邦議会への書簡」を発表。そのなかには「顔認証テクノロジー市場...
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
6月10日、今もっとも時代遅れな構造主義の撤廃を訴える社会運動「Black Lives Matter」に敬意を込めて、「Netflix」が「Blacl L...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
スイスの2月9日の国民投票で、性的指向を理由とする差別を刑罰の対象とする法案が可決された。
あらためて話題となっているのがゲーム障害だ。この問題は中国だけでなく、世界中で危惧されている。今年の5月には世界保険機関(WHO)がゲーム障害を“国際疾病...
美しさをどう捉えるのかは、人それぞれ。でも、目が見えない人たちにとっての「美」って、どんなものなのでしょうか。ここでは彼らの語る想いを紹介します。
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...