【世界初】視覚障害者向けに「スマートウォッチ」を開発!これはすごい・・・

Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛び出るドットが点字となり、時刻やメッセージを伝えてくれるようですよ。

目の不自由な人に向けた
点字式スマートウォッチ

点字式スマートウォッチ

このスマートウォッチ「Dot Watch」の開発者Eric Ju Yoon Kimさんには、ある確信めいた想いがあったそうです。ウェアラブルデバイスの有用性は、障害を持つ人たちにこそある。彼は大学の友人やエンジニア仲間とともに、点字表示によるスマートウォッチの開発に着手。そして、2015年8月プロトタイプが完成しました。

文字盤に浮き出るドットが
点字で時刻、メッセージを表示

こちらは、昨年8月に試作モデルとして発表されたもの。当初の盤面はスクエアタイプでした。
さて、Dot Watch最大の特徴は、文字や数字の代わりに文字盤に空いた30の穴から、ドットが出たり引っ込んだりしながら点字を形成することにあります。もぐら叩きさながら、ドットが飛び出ることで、点字となっていく仕組み。同時に4文字分表示される点字を読み取っていくことで、ユーザーは時刻を把握できるのです。

価格は3万5,000円前後を予定

目の不自由な方向け腕時計

これだけでも革新的!ついつい関心してしまうところ。ですが、Dot Watchがスマートウォッチたるゆえんは、まさにここから。Twitterをはじめメッセージを、さらには書籍だって文字情報を点字表示化して読むことができるのです。つまり、この時計自体が点字翻訳する、「電子点字リーダー」としての機能も兼ね備えているという訳。驚きですよね。

このデバイスを「TIME」が紹介した際、平均的な電子点字リーダーの市場価格を引き合いに出しました。およそ3,000ドル(約35万円)。持ち運べはするものの、ウェアラブルと呼ぶには程遠いサイズだとか。それを1/10以下(300ドル未満を予定)にまで価格を抑えようというのだから、Dot Watchのお手頃感が伝わってきます。

最新の点字学習リテラシーをインプット。現在、点字に用いられているおよそ95%を網羅しているそうです。Bluetooth4.1を搭載し、もちろんiOS、Androidどちらのデバイスにも対応可能。

点字デバイスで
イノベーションを!

点字デバイス

これまで、視覚障害者のための時計といえば、Siriのように音声機能を利用したものがほとんどだったとKimさんは言います。

「確かに、音声で時間を知らせる機能は彼らにとってありがたいはず。でも、それは静かな環境に限られた話でしょ?ユーザーは、屋外の人が多く集まる場所にも行けば、会議室やコンサートホールのような音を立てたくない空間にだって行くはずです。音声によるフィードバックだけが、必ずしもベストな訳ではないんです」

障害者のための技術革新を実現する、プロジェクト集団「Dot」を立ち上げたKimさん。現在、2017年に発売に向け、iPadならぬDot Padを開発中だそう。点字デバイスの未来にイノベーションが起きようとしています。

Reference:TIME
Licensed material used with permission by Dot Inc

関連する記事

飼育費や犬アレルギーのため飼いたくても飼えない人のために生まれた「Theia」。片手で持てるデバイスで、ユーザーの手を行き先の方向に動かし道案内をしてくれ...
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
視覚障害を抱えるスケーターJustin Bishopさんがトリックを決められるように、イノベーションラボ「Not Impossible Labs」とオンラ...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
スイスの香料会社「Firmenich」が抱える調香師と、ロンドンのデザインスクール「Central Saint Martins」の学生が協働して、「フレグ...
先月、世界で初めて開発された「薄型ソーラービーコン内蔵点字ブロック」のプロトタイプを利用した実証実験の開始が発表された。
「LunaR」は、秒針を持たない2針のアナログタイプのスマートウォッチです。しかも、透明なソーラーパネルによる、自動充電が可能なんだとか。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
『Braille Neue』は、目が見える人でも読みやすい点字。これまで、点字と墨字を同時に表記するアルファベットは世界中で開発されてきたけれど、日本語に...
社会や自然の問題に取り組むアウトドアギアブランド「Cotopaxi(コトパクシ)」 が、 日本での本格展開をこの春スタート。
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
時計の文字盤に浮き出るドットが点字になっており、時刻や日付を表示する仕組みの「DotWatch(ドットウォッチ)」は、目の不自由な人でも使える画期的なスマ...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
太陽光&自然灯りによる充電が可能なアナログタイプのスマートウォッチ「LunaR 」が、4月限定で15%OFFで発売中。
初対面の相手を見極める時、視覚に頼るのは否めない事実。しかし、目に見えているものは真実なのか?実力派俳優として評価の高いマイケル・ファスベンダー主演のショ...
スマートウォッチとワイヤレスイヤホンを融合させたウェアラブルガジェット「Wearbuds」が開発。スマートウォッチにイヤホンの充電機能を持たせ、抜群の音質...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
応援購入サービス「Makuake」にて、腰に負担の少ない立ち姿勢をサポートしてくれる「スタンディングチェア」が登場。
「Makuake」にて先行販売を実施中の「MUZOSA X-PAC」は、素材に「X-PAC」を採用し、耐久性、防水性共に優れ、しかも軽量。鍵、紙幣・硬貨、...