「音楽は好き?」この質問をイヤと思う人もいる。

聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。

「今までされてイヤだと思った質問は?」

ときに心ない言葉で誰かを傷つけてしまうことがあります。それは、耳が聞こえる聞こえないに関係なく。

「たくさんありすぎて。どれから言えばいいんだろう…」

「『俺みたいに聞こえる人ともデートできる?』って言われたことがあります。一応『ええ』って答えたけど、一体それに何の問題があるっていうの?って思った。私たちはただ“聞こえない”ってだけなのに」

「『音楽は好き?』って聞かれたこと」

「『耳が聞こえない人ってセックスできるの?』って」

「何回か『読み書きはできるの?』って聞かれたよ」

「『くーちーびーるーでーこーとーばーがーわーかーる?』ってゆっくり聞かれること」

「みんな同じ質問ばかり繰り返すの」

「よく『運転できる?』って聞かれる。もちろんできるに決まってるよ!」

「それに、たまに『車いすが必要?』って聞かれる。なんだよそれ!僕が目の前で普通に立ってるのに、だよ」

「『手話って万国共通なの?』って聞かれるけど、万国共通の言語なんてあるかい?」

「質問じゃないけど、本当に聞こえないのか試されるのがイヤかな。すぐ後ろで叫ばれたりね」

聞こえるように
なりたいと
思ったことはある?

「どうかなぁ。僕は生まれたときから耳が聞こえないから…」

「一度もないわね!」

「世の中の人の大半は聞こえるわけだから、みんなと同じになってみたいって思ったことはある」

「もちろんあるよ。不便なことも多いしね。でもこれからの人生ずっと聞こえるようになりたいかっていうと、そうは思わない。私は聞こえないままがいい。私はこの『聞こえない人生』が嫌いじゃないから。自分の人生に100%満足しているし、耳が聞こえないことを誇りに思ってる」

「もし聞こえるようになったら、そのことを特権みたいに考えてしまうと思う。そういうふうに考えることのほうがイヤなの。今の私に十分満足しているんだもの」

「僕は聞こえるようになりたいと思わない。そう思う理由がない。聞こえないことは僕のコミュニティや文化に結びついているからね」

「もし聞こえるようになったら、アイデンティティを失ってしまうと思うんだ」

「そういう質問をする人は『耳が聞こえなければ完ぺきな人生は送れない』と思っているよね。でも聞こえる人たちは僕たちの世界を何も知らないじゃないか。僕には他の人生は想像できないね」

「もし自分が聞かれたらイヤだろうな」という質問。あなたはどう思いますか?

Licensed material used with permission by Cut, (YouTube), (Facebook), (Twitter)
andmore
他の記事を見る
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
あなたは、部下とうまくコミュニケーションできている自信がありますか?知らぬ間に相手を怒らせたり、イヤな気持ちにさせていませんか?会話の専門家である櫻井弘さ...
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
自分だけの「本当のことば」を、さがしちゃう。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
出会ったばかりだと、2人で出かけても意識してしまい、なかなか上手く喋れないこともあるでしょう。そこで、会話のキッカケになり相手をより知ることができる「魔法...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
イヤリングの背面にあるボタンを押せば、通話ができたり音楽を聴けたりするんです。
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
生演奏が見たい、新曲が聞きたい、あのミュージシャンとコラボしてほしい。好きな音楽の話をするだけでも十分ですが、さらに深い話題をするにはコレ。それに、音楽人...
普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されて...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...